ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

メガネカスベ(英名/Mottled skate)

学名:Raja pulchra Liu

メガネカスベの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体盤長1.1m前後になる。体盤に顕著な斑紋があるものと、ないものとがある。吻(先端のやや尖っている部分)の軟骨は硬くて折り曲げることは難しい。体盤長1.1m前後になる。体盤に顕著な斑紋があるものと、ないものとがある。吻(先端のやや尖っている部分)の軟骨は硬くて折り曲げることは難しい。吻(先端のやや尖っている部分)の軟骨は硬くて折り曲げることは難しい。

メガネカスベの形態写真

体盤長1.1m前後になる。体盤に顕著な斑紋があるものと、ないものとがある。吻(先端のやや尖っている部分)の軟骨は硬くて折り曲げることは難しい。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱エイ区エイ上目ガンギエイ目ガンギエイ科メガネカスベ属
    外国名
    英名/Mottled skate
    学名
    Raja pulchra Liu
    漢字・由来
    漢字 眼鏡糟倍。
    由来・語源 小型の体盤にある文様がメガネに似ているから。
    カスベの語源/煮ても焼いてもうまくない、魚のカス(かすっぺ)だから。
    地方名・市場名
    北海道ではカスペ、マカスベ(真滓べ)。
    本種が「真かすべ」とされているのは他の「カスベ類(ソコガンギエイ)」と比べて味のよさもさることながら、生息する水深が浅いために動力船が導入以前にもとれたためだろう。
    生息域
    海水魚。水深5m〜120mの砂泥地。
    北海道全域、青森〜島根の日本海、青森〜千葉県銚子までの太平洋沿岸、沖縄舟状海盆。朝鮮半島南岸・東岸〜ピーター大帝湾、サハリン南部、千島列島。
    生態
    卵生。産卵期は春。
    「かすべのタバコ入れ」、「たこのまくら」と呼ばれる長方形で四隅に角のある卵殻に包まれた卵を産む。
    基本情報
    「かすべ」とはそのものずばり「かすのような」という意味合いだ。
    たぶん浅い海域でたくさんとれていたために、ガンギエイ科のエイにつけられたもの。
    特にメガネカスベは「真かすべ」と言われるように代表的なもので、味もよいとされている。
    主に総菜になる。また「えいひれ」などの干もの原料にもなる。
    水産基本情報
    市場での評価 関東などには鰭だけで皮をむかれた状態で入荷してくる。やや高い。
    漁法 刺し網、底曳き網
    主な産地 北海道、青森県
    選び方
    触って身に張りのあるもの。粘液が白濁していないもの。
    味わい
    旬は寒い時期。
    正中線上と尾の部分に鋭い棘があるので要注意。皮はもろく弱い。軟骨魚なので骨は気にならない。
    煮て軟らかく軟骨の触感がほどよい。6月15日の個体はあまり煮こごらなかった。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    煮る(煮つけ)、ゆでる(ぬた)、汁(みそ汁)
    ぬた◆ゆでて適宜な大きさに切り、酢みそで食べてもいい。
    みそ汁◆適宜に切り、水から煮出してみそを溶く。これもなかなか味がいい。
    煮つけ 鰭の部分に棘がないので皮を剥かないで利用できる。青森県鰺ヶ沢町の漁師さんも皮つきのまま煮つけているという。見た目は悪いが皮つきの方がうまいかも。
    好んで食べる地域・名物料理
    からかい煮(からがえ煮)●北海道などで寒干しにした「真かすべ」、「水かすべ」を水でもどして、甘辛く煮たもの。山形県米沢市などでは水戻ししたものが売られていて簡単に作ることができる。[山形県置賜地方・村山地方・最上地方]
    加工品・名産品
    えいひれ●鰭の部分だけで皮を取り去ったものを干したもの。独特の味つけがほどこしてある。
    干物●「真かすべ」、「真かすぺ」、山形県で「からかい」、「からがえ」、「からかえ」、「からげ」、「本かすべ」宮城県で「からかい」。鰭の部分を皮付きのまま素干しに下もの。東北地方で、水に浸して戻し、甘辛く煮て食べる。山間部などでは重要な食材。「かすべの干物」は真カスベ(メガネカスベ)のものと水かすべ(ソコガンギエイ属)のものがある。乾物を煮たものも出回っている。[北海組 北海道稚内市富士見]
    米沢の味 本からかい煮●「本かすべ(真かすべ)」はガンギエイ科のメガネカスベを稚内で寒風干しにしたもの。これを丁寧にもどして伝統的な技術で煮ものにしたもの。味つけが上品で食べやすい。銘品である。[佐野水産 山形県米沢市中田町]
    からかい煮 山形県の山間部で食べられている。ソコガンギエイ属の「みずかすべ」の干ものと比べると上等とされ乾物は「本かすべ」、「真かすべ」と呼ばれている。山形県米沢市では水でもどしたものが売られていて便利。今回は「水戻しからかい」を使って作る。[ケーエスフーズ 山形県米沢市]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/大平朋洋さん(青森県鰺ヶ沢町)、佐野水産・かねしめ水産(山形県米沢市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『北の魚歳時記』(達本外喜治 北海道新聞社)、『聞き書 北海道の食事』(農文協)、『聞き書 山形の食事』(農文協)、『あがらっしゃれ真室川』(真室川町)
  • 主食材として「メガネカスベ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ