ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

カスベ

一般的な意味での「カスベ」についてのまとめページです。

「カスベ」と呼ばれるもの一覧

印は「カスベ」ですがそれ以外はカスベの仲間ではありません。

  • コモンカスベ

    海水魚。水深20-100mの砂泥地。 北海道〜鹿児島湾の日本海・東シナ海、北海道〜豊後水道、瀬戸内海、有明海。朝鮮半島、中国渤海、黄海、台湾、香港。東北などで「かすべ」と呼ばれて食用となっているもののひとつ。 鰭だけではなる丸のままで流通する。 煮つけなどにして美味であり、手頃な総菜魚といったもの。
    コモンカスベのページへ
  • ソコガンギエイ

    海水魚。北海道全沿岸、青森〜島根の日本海、青森〜の太平洋側。土佐湾、鹿児島県近海などでも見つかっている。 水深100〜500メートル。一般に鰭だけを皮を剥いた形で入荷してくる。 値段が安く、下ごしらえが簡単なので、関東でも盛んに総菜用に利用されてきたもの。 煮つけ、煮こごりなどになり親しまれてきている。 ●リボンカスベ・・・
    ソコガンギエイのページへ
  • ドブカスベ

    海水魚。水深100-1125m。 北海道全域、青森県〜島根県隠岐の日本海沿岸、九州北西岸。ピーター大帝湾、日本海北部、サハリン、ベーリング海。日本海で揚がるカスベ(ガンギエイ)には「水カスベ」と「真カスベ」がある。いずれも大形のガンギエイ科の魚で、前者は本種を含むソコガンギエイ属で、後者はメガネカスベではないかと考えて・・・
    ドブカスベのページへ
  • メガネカスベ

    海水魚。水深5m〜120mの砂泥地。 北海道全域、青森〜島根の日本海、青森〜千葉県銚子までの太平洋沿岸、沖縄舟状海盆。朝鮮半島南岸・東岸〜ピーター大帝湾、サハリン南部、千島列島。「かすべ」とはそのものずばり「かすのような」という意味合いだ。 たぶん浅い海域でたくさんとれていたために、ガンギエイ科のエイにつけられたもの。・・・
    メガネカスベのページへ
  • リボンカスベ

    海水魚。千葉県銚子以北の太平洋側、オホーツク海沿岸。 水深300メートル〜1000メートル。一般に鰭だけを皮を剥いた形で入荷してくる。 値段が安く、下ごしらえが簡単なので、関東でも盛んに総菜用に利用されてきたもの。 煮つけ、煮こごりなどになり親しまれてきている。 ●ソコガンギエイと共通。
    リボンカスベのページへ