ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ドブカスベ(Golden Skate)

Scientific Name / Bathyraja smirnovi (Soldatov and Pavlenko, 1915)

ドブカスベの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
全長1.2m前後になる。吻部分は非常に軟らかく簡単に曲げられる。体盤の正中線上目の後ろに棘がある。また肩にも棘があるが、肩の棘の後ろには正中線上に並ぶ棘がない。小さな棘が鰭の周辺だけに無数に並んでいるが中央部分にはない。裏面。吻は簡単に曲がる。目の後ろ正中線上に棘が並び、肩にも左右に棘がある。肩の棘の後ろ正中線上に棘がない。

ドブカスベの形態写真

全長1.2m前後になる。吻部分は非常に軟らかく簡単に曲げられる。体盤の正中線上目の後ろに棘がある。また肩にも棘があるが、肩の棘の後ろには正中線上に並ぶ棘がない。小さな棘が鰭の周辺だけに無数に並んでいるが中央部分にはない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱軟骨魚綱板鰓亜綱エイ区エイ上目ガンギエイ目ガンギエイ科ソコガンギエイ属
    外国名
    Golden Skate
    学名
    Bathyraja smirnovi (Soldatov and Pavlenko, 1915)
    漢字・由来
    漢字 溝糟部
    由来・語源 大量に出るぬめりが泥状で「溝(どぶ)」を思わせるからだと思う。
    地方名・市場名
    カスベ/北海道
    コンベ/新潟県糸魚川市浦本・能生
    ミズカスベ/北海道
    生息域
    海水魚。水深100-1125m。
    北海道全域、青森県〜島根県隠岐の日本海沿岸、九州北西岸。ピーター大帝湾、日本海北部、サハリン、ベーリング海。
    生態
    基本情報
    日本海で揚がるカスベ(ガンギエイ)には「水カスベ」と「真カスベ」がある。いずれも大形のガンギエイ科の魚で、前者は本種を含むソコガンギエイ属で、後者はメガネカスベではないかと考えている。北海道などで聞いても別に「真カスベ」がおいしいということもないが、やや水分が多いということで安いだけだ、と教えられている。山形県、秋田県でも同様。
    本種も水分が多いという難点はあるものの味がよく、鰭の部分を剥かれて流通する「カスベ」のひとつとして、それなりに需要があるようである。
    水産基本情報
    市場での評価 北海道などをのぞき、皮をむいた鰭だけになった状態での流通。やや高値。
    漁法 刺し網、底曳き網
    産地 新潟県
    選び方
    鰭での流通でむき身に透明感のあるもの。触って弾力のあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    吻をはじめ全身が柔らかい。雌の皮は手だけで簡単にむける。大形になる雄は不明。
    水分が多く軟骨も軟らかい。熱を通すと煮崩れしやすい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    煮る(煮つけ、煮こごり)、ソテー(ムニエル)、揚げる(唐揚げ)、肝いり、汁(みそ汁)、和えもの(ぬた)

    ドブカスベの煮つけかすべの煮つけ ドブカスベの鰭を切り取り、皮を剥いて比較的薄味で煮上げたもの。イヤミがなく軟骨の食感がよくてとても味がいい。
    ドブカスベの煮こごりかすべの煮こごり 小形の雌で作った煮つけを冷やしても、あまり硬く煮こごらなかった。室温ですぐに溶けるが味がいい。
    ドブカスベのムニエルかすべのムニエル 鰭の部分に小麦粉をまぶして、バターでじっくりとソテーしたもの。かりっと上がらないが、軟骨ともども軟らかくバターとの相性がよくとてもおいしい。
    ドブカスベの唐揚げかすべの唐揚げ 鰭の部分に片栗粉をまぶし、低温からじっくり揚げて、高温で仕上げたもの。かりっと香ばしく軟骨などから甘味が感じられておいしい。
    ドブカスベの肝いり肝いり 鰭の部分を細かく切り、肝、みそとプライパンで空いりしたもの。軟骨のこりこりした触感と肝のこくのある味があいまってとてもうまい。
    どぶかすべのみそ汁かすべのみそ汁 鰭の部分を適宜に切り、昆布だし(水)で煮だしてみそを溶いただけの汁。うま味のあるだしが出て滋味豊かな味。軟骨の食感もいい。
    好んで食べる地域・名物料理

    かすべの酢味噌和えかすべの酢味噌和え ドブカスベの鰭の部分を細かく切り、生酢に漬け込む。1時間前後漬けて、水分をよく絞る。これを酢みそ(みそ、酢、砂糖、酒を入れてもいい)で和える。[山形県酒田市飛島]
    こんべの刺身こんべの刺身 水揚げしたばかりのものの鰭の部分の皮を剥く。これを軟条と同じ方向に切り、刺身として食べる。なにもつけないで食べるとほんのり塩味が感じられる。ここに柑橘類をしぼって食べるとより美味に違いないと思った。[新潟県糸魚川市能生漁港]
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/青木清隆さん(上越漁業協同組合)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『飛島に伝わる 郷土料理Ⅱ』(飛島地区漁業集落)
  • 主食材として「ドブカスベ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ