ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

メガネウオ(英名/Blackbanded stargazer)

学名:Uranoscopus bicinctus Temminck & Schlegel,1843

メガネウオの形態写真

体長30センチ前後になる。頭部が大きく紡錘形で太い2本の褐色の横縞がある。短い擬鎖骨棘がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ワニギス亜目ミシマオコゼ科ミシマオコゼ属
    外国名
    英名/Blackbanded stargazer
    学名
    Uranoscopus bicinctus Temminck & Schlegel,1843
    漢字・由来
    漢字 眼鏡魚
    由来・語源 頭部目を中心に眼鏡の形の隆起があるため。
    地方名・市場名
    沖縄でアファー、鹿児島でアンゴ、静岡県静浦でウシンボウ、キヤアチア、長崎でミシマジョロシュ、高知でムシマ、ムシマフグ。
    生息域
    海水魚。南日本。〜東インド諸島。
    水深100メートル以浅の砂礫底。
    生態
    基本情報
    南日本、西日本の太平洋側、東シナ海の沿岸で見かけるもの。
    まとまってとれないので認知度が低い。
    メガネウオの頭部目の上にメガネのツルを思わせる文様がある。
    水産基本情報
    市場での評価 関東の市場では見ていない。産地では安い。
    漁法 底引き網、定置網、刺し網
    産地 愛知県、鹿児島県など
    選び方
    触って張りのあるもの。模様がはっきりして退色していないもの。
    味わい
    旬は不明、調べているところ
    鱗は細かく金ブラシなどで取りやすい。皮は厚くしっかりしている。
    骨、頭部は非常に硬い。
    透明感のある白身ですぐに白濁して柔らかくなる。
    頭部、骨などからいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    汁、刺身
    鍋物などにしていい味。うま味のあるだしが出る。
    刺身 すぐに白濁し柔らかくなるが、鮮度さえよければ美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    鮮度落ちしやすいのが難点。
    鮮度がいいものは薄造りの刺身にしてとてもうまい。
    普通は鍋物やうしお汁、ときにブイヤベースにすることをすすめる。熱をとおすと身が締まる。
    ただし注意が必要なのは頭部が非常に固くて歩留まりが悪いこと。頭からいいだしが出るのだが、割るのは大変だ。
    参考文献・協力
    協力/伊東正英 鹿児島県南さつま市笠沙
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「メガネウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ