ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アオミシマ(Star gazer)

学名:Xenocephalus elongatus (Temminck and Schlegel, 1843)

アオミシマの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長50cm前後になる。背鰭は1基、頭部鰓蓋の上部に棘(擬鎖骨棘)がない。上面。体長50cm前後になる。背鰭は1基、頭部鰓蓋の上部に棘(擬鎖骨棘)がない。頭部拡大。体長50cm前後になる。背鰭は1基、頭部鰓蓋の上部に棘(擬鎖骨棘)がない。前方から。体長50cm前後になる。背鰭は1基、頭部鰓蓋の上部に棘(擬鎖骨棘)がない。

アオミシマの形態写真

体長50cm前後になる。背鰭は1基、頭部鰓蓋の上部に棘(擬鎖骨棘)がない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★

    まずくはない
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ワニギス亜目ミシマオコゼ科アオミシマ属
    外国名
    Star gazer
    学名
    Xenocephalus elongatus (Temminck and Schlegel, 1843)
    漢字・由来
    漢字 青三島、青沼島
    由来・語源 倉場富三郎の命名。ミシマオコゼに似て青い。
    ミシマオコゼの由来などはミシマオコゼ参照。
    地方名・市場名
    ベコ/青森県鰺ヶ沢町
    アマサカンボ、アマンボ、アオムシマ、オンナサカンボ、ガンコ、サカンボ、シヤガンボ、ミシマアンコウ、ムシマ。
    生息域
    海水魚。水深35メートル〜440m。
    北海道渡島半島〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、青森県〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、東シナ海大陸棚域。朝鮮半島南岸・西岸、台湾。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    昆布締め、幽庵焼き、唐揚げ、ポワレ、
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本西部及び南部魚類図譜(グラバー図譜)』(倉場富三郎 長崎大学附属図書館 web版)
  • 主食材として「アオミシマ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ