ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ベニテグリ(英名/Red dragonet)

学名:Foetorepus altivelis(Temminck and Schlegel)

ベニテグリの形態写真

体長17cm前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ネズッポ亜目ネズッポ科ベニテグリ属
    外国名
    英名/Red dragonet
    学名
    Foetorepus altivelis(Temminck and Schlegel)
    漢字・由来
    漢字 紅手繰
    由来・語源 手繰り(底曳き網)でとれる紅色の魚という意味合い。
    地方名・市場名
    静岡県沼津市沼津魚市場、三重県尾鷲市ではアカゴチ(赤鯒)(「一日一魚」岩田昭人)。
    愛知県一色ではヒメゴチ(姫鯒)と呼ばれる。
    アカノドグサリ、アカシンネ、アカセキレン、アカトンボ。
    生息域
    海水魚。水深200を超える深海。
    兵庫県〜九州の日本海・東シナ海沿岸、遠州灘〜九州南岸の太平洋沿岸。東シナ海、済州島、台湾。
    生態
    産卵期は夏。
    基本情報
    底曳き網などで揚がるもの。
    産地周辺で主に消費されるが、少ないながら一般流通する。
    味がよく、見た目も悪くないので知る人ぞ知る魚となっている。
    水産基本情報
    市場での評価 関東には少ないながら入荷がある。やや高値。
    漁法 底曳き網
    産地 静岡県、愛知県、三重県
    選び方
    赤が強く鮮明なもの。張りがあって目が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は寒い時期
    鱗はなく、皮はやや厚く硬い。骨は軟らかい。
    透明感のある白身で熱を通しても硬くしまらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    揚げる(天ぷら、フライ、唐揚げ)、生食(刺身、セビチェ)、煮つけ、焼く(塩焼き、干もの)
    ベニテグリの天ぷら揚げる
    天ぷらは浅場にいるネズッポほど風味がないが、甘みがあってとても美味しい。唐揚げにしてもいい。大きいものならフライにしても美味。
    ベニテグリの刺身生食
    単に刺身よりも皮霜造り、焼霜造りにして味がいい。皮目をあぶってもいい。青唐辛子と柑橘類でセビチェにしても美味しい。
    ベニテグリの煮つけ煮つけ
    漁師さんなどは煮つけにして食べている。この甘っ辛い味の煮つけが実に美味しい。しょうがではなく、青唐辛子、鷹の爪を使っても美味である。
    ベニテグリの塩焼き焼く
    頭部だけ切り落とし塩焼きにしても上品な味で美味。軽く干しても味がいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、「一日一魚」(岩田昭人)
  • 主食材として「ベニテグリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ