ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

メゴチ

一般的な意味での「メゴチ」についてのまとめページです。

「メゴチ」と呼ばれるもの一覧

印は「メゴチ」ですがそれ以外はメゴチの仲間ではありません。

  • セトヌメリ

    海水魚。北日本沿岸。瀬戸内海、有明海、東シナ海。黄海。ネズミゴチの減少を補っているのが本種。 関東への入荷量はネズミゴチよりも多く、天ぷら種の「めごち」として同様に利用されている。 関東への産地は東北福島県など。 関西への産地は瀬戸内海。 底引き網でまとまってとれるために、比較的安く、お手頃。
    セトヌメリのページへ
  • トビヌメリ

    海水魚。 北海道、青森県全沿岸には少ない、茨城県〜土佐湾の太平洋沿岸、新潟県佐渡〜長崎県の日本海沿岸、瀬戸内海。朝鮮半島南東岸、済州島。江戸前天ぷらの盛んな関東では、「めごち(ネズッポ属)」はなくてはならない魚のひとつだ。 いちばん代表的なものはネズミゴチだが、本種もそれに準じて重要。非常に高価で人気が高い。 残念なが・・・
    トビヌメリのページへ
  • ネズミゴチ

    海水魚。内湾の岸近くの浅い砂地。 陸奥湾、北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、北海道噴火湾〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、屋久島。朝鮮半島南岸、済州島、台湾南部、広東省・江西省。内湾の浅場などにいる小魚。内湾の乱開発や、汚染でとれる量が減ってきている。 三河湾、大阪湾、瀬戸内海など、このような小魚を食べる食文化は・・・
    ネズミゴチのページへ
  • ハタタテヌメリ

    海水魚。内湾の泥底。 北海道太平洋側、陸奥湾、岩手県大槌町〜九州南岸の太平洋沿岸、石狩湾〜九州南岸の日本海・東シナ海、瀬戸内海。朝鮮半島南部。今のところ、瀬戸内海、大阪湾、和歌山県などで底曳き網でとっているのを知るのみ。 産地周辺では流通している。 小振りなので安くて総菜魚。
    ハタタテヌメリのページへ
  • ベニテグリ

    海水魚。水深200を超える深海。 兵庫県〜九州の日本海・東シナ海沿岸、遠州灘〜九州南岸の太平洋沿岸。東シナ海、済州島、台湾。底曳き網などで揚がるもの。 産地周辺で主に消費されるが、少ないながら一般流通する。 味がよく、見た目も悪くないので知る人ぞ知る魚となっている。
    ベニテグリのページへ
  • ヤリヌメリ

    海水魚。水深30-80mの砂泥地。 北海道函館、青森県八戸、茨城県〜九州南岸の太平洋、少ないが北海道〜新潟県の日本海沿岸、新潟県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、少ないが瀬戸内海、東シナ海大陸棚域。済州島、台湾、中国浙江省・福建省・広東省。浅場にいるネズミゴチ(めごち)が減少して、天ぷら店の多い関東には日本各地からネズ・・・
    ヤリヌメリのページへ