ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒラメ(英名/Japanese flounder,Olive flounder)

学名:Paralichthys olivaceus (Temminck and Schlegel)

ヒラメの形態写真

1メートル前後になる。ヒラメは表が左、裏側が右側になる。当然左側だけを表にして泳いでいることになる。口が大きく、目は左側についている。背鰭、尻鰭が非常に長く、身体全体を縁取っている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    知らなきゃ恥

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜目ヒラメ科ヒラメ属
    外国名
    英名/Japanese flounder,Olive flounder
    学名
    Paralichthys olivaceus (Temminck and Schlegel)
    漢字・由来
    漢字 鮃、平目、平魚。
    由来・語源
    東京での呼び名。もともとヒラメは東京近郊の限られた地域のみで使われていた呼び名。本来はカレイ、カレなどとされ、異体類(カレイ目で目が左右どちらかに移動している)は区別されていなかった。
    「ひら」は平たい「め」は魚の接尾語。
    地方名・市場名
    オオガレイ(大がれい)/新潟県新発田市『魚松』。マガレイのことを「ヒラメ」という。
    カレイ/新潟県糸魚川市浦本、兵庫県南あわじ市沼島
    マガレイ/山形県鶴岡市由良漁港
    出関東では世魚のひとつ。Ⅰキロ以下をソゲ、2キロくらいまでを大ソゲ、それ以上をヒラメという。
    愛知県でハス(大型)、ヤスナゴ(小型)。
    古くはカレイの大型になるものだとして、オオガレイ(大カレイ)。
    口の大きいカレイだとしてオオクチカレイ(大口ガレイ)、オオグチ、オオグチカレイとも。
    オオガレイ、オオクチ、オオグチ、オオクチカレイ、オオクチガレイ、オオグチカレイ、オオグチガレイ、オオバス、オヤニラミ、オヤネギリ、オヤフコウ、カイワ、カッタイガレイ、カルハ、カルワ、カレ、カレイ、ゴオソガレイ、ゴソガレ、サカムカイ、テックイ、テツクイ、トイタ、バカガレイ、ハガレ、バカレイ、ハス、ハスガレイ、バンゴ、ヒダリクチ、ホンガレイ、マガリイワ、マビラメ、ミビキ、メビキ、モンバス、モンゾウ、ヤイトガレイ。
    生息域
    海水魚。水深10-200mの砂地。
    北海道オホーツク海・日本海、少ないが北海道太平洋沿岸、北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、青森県〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、屋久島。渤海、黄海、東シナ海北部、朝鮮半島全沿岸、江蘇省・福建省・広東省、希だがピーター大帝湾。
    生態
    ■ 産卵期は南に行くほど早く、九州南部では1月から3月、本州で2月から6月、北海道では6月から8月。
    ■ 産卵孵化した仔魚の眼は両側に普通の魚と同じように左右についている。それが成長にともない右目が上に移動、頭の眼の上が窪(くぼ)み、そこを右目が移動して正中線上を超える。そして体長13〜14センチで完全に右目は左側に移動してしまう。
    ■ 雌の方が大きくなる。雌は1メートル前後、雄は60センチほど。
    ■ 魚などを襲い食べる肉食魚。
    基本情報
    「ひらめ」というのは東京近郊だけで使われていた言語。本来は右側に目のあるカレイ類と特に区別していなかった。日本各地の浅い沿岸域のどこでもとれるもので、全国的な白身の高級魚でもある。
    すしネタ、料亭などだけで使われるものだったが、養殖技術が向上してスーパーなどにも並ぶようになってきている。
    ただし養殖がヒラメ全体の値段を下げているわけで、これもこの国の大問題のひとつ。大量の資源を消費して、安い魚を作ってもなんの意味もない。だれもが食べられるようになるというのは正義ではない。
    国産の天然、養殖などのほか、中国などからの輸入ものもある。値段はマチマチでもある。
    水産基本情報
    市場での評価 天然ものでは寒い時期には大型が、春から秋には小型の「そげ」が入荷してくる。年間を通して非常に高い。また中国などからの輸入もある。養殖ものはほぼ総て活けで入荷。安定した供給が行われていて年間を通して高い。
    漁法 釣り(延縄)、刺し網、底曳き網
    産地 青森県、北海道、福島県、長崎県、茨城県
    選び方
    味わい
    旬は本州などでは秋から冬。北海道では秋から春、初夏まで美味。
    小振りのものはあまりうまいとは言えず、大きい方が美味しい。
    鱗は細かく体表に並んでいて取りにくい。すき引きにして包丁でこそげ取る方がいい。
    皮は厚みがあって丈夫。骨はやや硬い。小骨などはない。
    透明感のある白身で、熱を通しても硬く締まらない。
    注意/ヒラメの身はときにゼリー状に溶けたようになっていることがある。これは体内に寄生した胞子虫が多量の酵素の一種、プロテアーゼを分泌して筋肉を消化してしまうことによる。胞子虫、この消化されてゼリー状になった筋肉は食べても無害だがまずい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理
    生食(刺身、昆布締め、カルパッチョ、なめろう〈みそたたき〉)、煮つけ、ソテー(ムニエル)、揚げる(フライ、唐揚げ)、焼く(塩焼き、魚田)
    ヒラメの刺身刺身 料理店ではほぼ総てを生食用に仕込む。刺身は内臓を抱いた部分、背の部分、縁側などで微妙に味が違う。特にうまいのは「縁側(えんがわ)」である。小さくてうま味の少ないものはカルパッチョなどにしてもいい。
    ヒラメの煮つけ煮つけ あっさりと薄味で煮つけた方がうまい。身は煮ても硬く締まらず、ほんのり甘くて美味しい。身離れがよいのも魅力的。
    ヒラメのムニエルムニエル ムニエルがいちばんうまいと思う。やや淡泊な味わいであるのをバターが補って、うま味倍増。「ヒラメ=刺身」だけではないと思わせる。
    揚げる 実に上質な白身で、皮を引き、フライにしてとてもうまい。身にほんのり甘みがあり、じわっと中からうま味のエキスがしみ出してくる。唐揚げにしてもいい。
    焼く 産卵後や野締めものは焼きものにしても美味しい。みそで魚田、しょうゆで幽庵焼きなどにしてもうまい。
    あらなどから実にいいだしが出て、またくっついた身の方も実にうまい。
    ヒラメの魚田魚田 卵後や野締めものは焼きものにしても美味しい。みそで魚田、しょうゆで幽庵焼きなどにしてもうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    かぼすヒラメ 大分県で養殖されているブランドヒラメ。
    加工品・名産品
    釣り情報
    関東では常磐(茨城県)、千葉県外房などで釣りが盛んである。軟らかなムーチングロッドにヒラメ独特の1本バリ仕掛けにマイワシなど生き餌で釣る。仕掛けを底につけて餌が底近くを泳ぐように棚取りする。このときに棚が高いほど大物がくるのであるが、こうすると釣れない確立も高くなる。ジワジワとした引きに、ゴツゴツとしたはっきりした引き、これをあわてないでゆったりと待つ。そしてグーンと竿が海に引き込まれるまで待って初めて竿を立てて合わせる。落ち着いてさえいれば簡単な釣りのひとつである。
    歴史・ことわざ・雑学など
    県の魚●青森県の「県の魚」はヒラメ。
    煮つけ魚 〈比目魚、鰈、鮎並、鰺、鱈、鯡、鮫、生節等は皆煮つけで、焼くのは蒸し鰈、魴鮄、鰯、飛び魚くらいであたが、煮肴は私は嫌いであった〉『幼少時代』(谷崎潤一郎 岩波文庫 初版は文藝春秋社1957)
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)
  • 主食材として「ヒラメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ