ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ガンゾウビラメ属

Classification Paralichthys Girard, 1858

ガンゾウビラメ属について

 国内のヒラメ科には10種あり、そのなかの7種がガンゾウビラメ属である。体長20cm〜40cmほどで沿岸の浅場に生息している。
 食用として重要なのは瀬戸内海、日本海で多産するタマガンゾウビラメ。底曳き網で大量に水揚げされて、鮮魚よりも干ものの原料として重要だ。
 ただし本属の魚は身に味があり、総て刺身などにして美味である。タマガンゾウビラメも新潟などでは盛んに生食されている。
 他のガンゾウビラメ属ではガンゾウビラメがいちばんよく見かける。ただし量的には少ないものの味のよさから知る人ぞ知るといった存在である。

ガンゾウビラメ属に属する仲間一覧