ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒカリチヒロエビ(英名/Stout red shrimp)

学名:Aristeus virilis (Bate,1881)

ヒカリチヒロエビの形態写真

体長12センチ前後になる。胸脚に発光器がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目根鰓亜目チヒロエビ科ヒカリチヒロエビ属
    外国名
    英名/Stout red shrimp
    学名
    Aristeus virilis (Bate,1881)
    漢字・由来
    漢字 光千尋蝦
    由来・語源 胸脚に無数の発光器を持っているため。尋(ひろ)とは大人が両手を広げた長さ。この千杯も深い場所という意味合いで深海をさす。
    地方名・市場名
    静岡県沼津市ではシマエビ(縞えび)。
    生息域
    海水生。駿河湾、遠州灘、熊野灘、高知沖。フィリピン沖、インドネシア、ニューカレドニア、インド洋、オーストラリアなどで見つかっている。
    生態
    第3・第4・第5脚に無数の発光器がある。
    基本情報
    駿河湾以南の底曳き網でとれるもの。
    まとまってとれないので安く、また生食などには向かない。
    静岡県沼津市では唐揚げ、天ぷらネタとして人気がある。
    また底曳き網でとれた魚貝類は観光資源ともなっている。
    水産基本情報
    市場での評価 底曳き網のある沼津、愛知県三河地方、三重県尾鷲以外では、ほとんど流通しない。安い。
    漁法 底曳き網
    産地 静岡県
    選び方
    赤身が強いもの。頭部など黒く変色していないもの。
    味わい
    旬は秋から春
    殻は柔らかい。
    身は硬くしまっているが旨み甘みとも薄い。
    生で食べるよりも熱を通して食べて美味。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    揚げる(天ぷら、フライ、唐揚げ)、ゆでる(サラダ、酢のもの、チャーハン)、刺身
    ヒカリチヒロエビのかき揚げ
    揚げる 基本的な食べ方は「揚げる」である。かき揚げ、フライ、唐揚げなどにして非常に美味である。
    ヒカリチヒロエビのサラダ
    ゆでる 手に入れたらまずはゆでる、というのもいい。これを冷凍しておき、解凍して料理に使うと便利だ。サラダや酢のもの、チャーハンに入れてもうまい。
    刺身 単に生で食べるよりも、軽く熱湯でゆでて中心部が生の状態にする。甘味があって美味しい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)、『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)
  • 主食材として「ヒカリチヒロエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ