ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ツノナガチヒロエビ(英名/Giant red shrimp)

学名:Aristeomorpha foliacea (Risso,1827)

ツノナガチヒロエビの形態写真

20センチ近くになる。生の状態で赤が強い。頭部が大きく額角が長い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目根鰓亜目チヒロエビ科ツノナガチヒロエビ属
    外国名
    英名/Giant red shrimp
    学名
    Aristeomorpha foliacea (Risso,1827)
    漢字・由来
    漢字 角長千尋蝦
    由来・語源 角(額角)が長いチヒロエビの意味。尋(ひろ)とは大人が両手を広げた長さ。この千杯も深い場所という意味合いで深海をさす。
    地方名・市場名
    三重県尾鷲市ではトンガララシ。
    静岡県沼津ではアカエビ(赤えび)。
    生息域
    相模湾以南、九州。
    世界中の水深200メートルから400メートル。
    生態
    基本情報
    チヒロエビ類総論
    国内で食用となっているチヒロエビ類はツノナガチヒロエビ、ヒカリチヒロエビの2種。
    オオミツトゲチヒロエビなども輸入されていたことがあり、これに加えてもよい。
    独特の油分があり、身が少ないことからあまり食用として重要ではない。
    本種ツノナガチヒロエビについて
    深海底曳きなどでときにまとまって水揚げされる。
    独特の脂があり、生で食べると腹痛などを起こす。
    一般に煮る、ゆでるなどをして食べる。
    沼津の漁師さんなど船上で好んで食べている。
    水産基本情報
    市場での評価 ほとんど流通しない。値段は色合い、脂の強さから安い。
    漁法 底曳き網、定置網
    産地 静岡県、愛知県、三重県
    水揚げ直後のツノナガチヒロエビ水揚げされてすぐの状態でも赤い。
    選び方
    赤く透明感のあるもの。黒くなったものは古い。
    味わい
    旬は秋から春
    殻が柔らかく、身は脂っぽくて、これも柔らかい。
    生で食べると脂が強くうまくない。
    ゆでても、煮ても鮮度によっては頭部のワタに臭みを感じることがある。
    頭部を取り去って料理する方が無難。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    煮る、みそ汁
    甘辛く煮て食べるのがいちばん。
    熱を通すと脂分があまり強く感じない。
    みそ汁にしても美味。
    ツノナガチヒロエビの煮つけ甘辛い煮つけ
    ツノナガチヒロエビのみそ汁沼津市戸田の底曳き網での船上食。みそ汁にツノナガチヒロエビ。いいだしが出るという。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)、『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ツノナガチヒロエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ