ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ナガオオメハタ(英名/Slender seaperch)

学名:Malakichtys elegans Matsubara and Yamaguti

ナガオオメハタの形態写真

20センチ前後になる。全体に細く、微かに赤味がかった灰色で死んでしまうと白くなる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科オオメハタ属
    外国名
    英名/Slender seaperch
    学名
    Malakichtys elegans Matsubara and Yamaguti
    漢字・由来
    漢字 長大目羽太。
    由来・語源 オオメハタ属のなかで細長い形から。
    地方名・市場名
    静岡県沼津市周辺では他のオオメハタ属とともに「デンデン」。
    相模湾ではシロムツ(白ムツ)。
    生息域
    海水魚。水深100〜400メートル。
    相模湾〜日向灘の太平洋沿岸、沖縄舟状海盆。済州島、南シナ海北部、スマトラ島東岸、アラフラ海、オーストラリア北西岸。
    生態
    産卵期は秋から冬。
    基本情報
    スーパーなどにでは産地周辺以外ではまったく見かけない。
    ローカルな存在。
    水産基本情報
    市場での評価 関東の市場には希に入荷してくる。オオメハタ属3種(オオメハタ、ワキヤハタ、ナガオオメ)は区別しないで取り扱われる。値段はやや高め。
    漁法 底曳き網、釣り
    産地(漁獲量の多い順) 静岡県、愛知県、三重県、宮崎県、福岡県
    選び方
    目が澄んでいるもの。触って硬いもの。鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は秋から冬
    鱗はやや大きく薄く取りやすい。皮は薄く弱い。骨は細いが硬い。
    クセのない白身で端正な味わい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    焼く(塩焼き、干物も)、煮つけ、生食(刺身、焼霜造り)、バター焼き
    大型のものは刺身にして美味。
    クセがなくきめ細かな身質で、適度に繊維質。
    食感もいい。
    すしネタとしても優秀だ。
    煮つけ、塩焼きも美味。
    煮つけは産地などでは定番的な料理となっている。
    小振りのものは天ぷらにして非常に美味。
    フライにしてもおいしい。
    また干物にしてもいい味わいとなる。
    ナガオオメハタの塩焼き塩焼き
    焼いても硬く締まらない。皮に好ましい香り、風味があり、身に甘みがある。
    ナガオオメハタの煮つけ煮つけ
    煮ると適度にしまり、実に味わい深い。冷めても味がよく、煮こごりが出来る。「骨湯」も非常にうまい。
    ナガオオメハタの刺身刺身
    大振りのものは刺身、小振りのものは皮目をあぶると実にいい味である。寒い時期には身に甘みと脂がある。
    ナガオオメハタのバター焼きバター焼き
    丸のまま小麦粉をまぶしてバターで焼き上げてもいい。最後にしょうゆをたらすとおかずにもなる。
    天ぷら 小振りのものは三枚に下ろして天ぷらにして、なかなか捨てがたい味。皮に味がある。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会) 、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、「一日一魚」(岩田昭人)
  • 主食材として「ナガオオメハタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ