ゾウリエビ(英名/Flathead lobster)

学名:Pariibacus japonicus Holthuis,1960

ゾウリエビの形態写真

15センチほどになる。和名のように典型的な草履型、扁平。表面に顆粒状の粒が点在し、褐色で磯場の岩礁に溶け込む色合いをしている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱エビ上目十脚目抱卵亜目イセエビ下目セミエビ科ゾウリエビ属
    外国名
    英名/Flathead lobster
    学名
    Pariibacus japonicus Holthuis,1960
    漢字・由来
    漢字 草履蝦、草履海老
    由来・語源 姿形がぞうり(草履)に似ているため。
    地方名・市場名
    高知県高知市浦戸湾ではタビエビ。
    九州ではテゴサ、テゴシャ。
    生息域
    海水生。千葉県から九州、奄美群島、沖縄諸島。台湾。
    浅い岩礁域、サンゴ礁域。
    生態
    基本情報
    セミエビ科(Scyllaridae)について
    ■身体は扁平、もしくは寸胴。長い触角(第一触角)を持たない。葉を思わせる、平たくて可動性のある第2、第4節が目の前にある。
    ■国内にはウチワエビモドキ属、セミエビ属、ヒメセミエビ属、セミエビ属、ゾウリエビ属の5属。
    ■主な食用種には輸入の多いウチワエビモドキ、ウチワエビ、オオバウチワエビ、セミエビ、コブセミエビ、ゾウリエビなど。
    本種ゾウリエビについて
    イセエビやサザエなどをねらう刺し網にかかるもので、量的に少ない。
    産地などでは食用となっている。
    非常に味がいいのは知る人ぞ知る。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は非常に希。小型なのでやや高値。
    漁法 刺し網
    産地 鹿児島県、宮崎県、三重県、静岡県など
    選び方
    原則的に生きているもの。持って重みを感じるもの。
    死んで古くなると黒ずむ。
    味わい
    旬は不明
    殻は硬い。棘などもあり、生きているものを外すときには注意が必要。
    殻はゆでてもあまり赤くならない。
    身には甘みが強く、熱を通しても硬くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、汁(みそ汁)、焼く、ゆでる
    ゾウリエビの刺身
    刺身 殻から外して適宜に切り、氷水で洗う。身がしまって甘味がある。非常に美味である。
    ゾウリエビの汁
    頭部や殻などでみそ汁にするのは基本的な料理法だろう。汁にもうま味、甘味があってとてもおいしい。
    焼く 焼くとエビの風味香りが強くなり、甘みも旨みも濃厚になる。ゆでるよりも好き嫌いが出そうだが、味わいを堪能できる。
    ゾウリエビの塩ゆで
    ゆでる 約10分くらい塩ゆでする。半生はまずく、完全に火を通すのがコツ。ゆでてもあまり硬くならず甘み、旨み、エビらしい風味が強く非常にうまい。みそも美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ◆食べてみる◆
     平たく、セミエビの仲間では小振りであるために商品価値は低い。
     ただし味は非常にいい。
     漁師さんたちは単純にみそ汁にいれる。これは非常にうまい。
     またゆでると、大きさの割りに身が詰まっていて、甘みがありうまい。
     刺身にも出来るが、あえて生で食べる必要性は薄いように思える。
    参考文献・協力
    協力/鹿児島県鹿児島市 田中水産、高知市 永野廣・昌枝さん
    『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)、『九州発 食べる地魚図鑑』(大富潤 南方新社 2011)
  • 主食材として「ゾウリエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ