ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ソコカナガシラ(Gurnard)

学名:Lepidotrigla abyssalis Jordan and Starks,1902

ソコカナガシラの形態写真

体長15センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系カサゴ目ホウボウ科カナガシラ属
    外国名
    Gurnard
    学名
    Lepidotrigla abyssalis Jordan and Starks,1902
    漢字・由来
    漢字 底金頭
    由来・語源 金頭は頭部が非常に硬いため。そのカナガシラの仲間だが、より底(深い場所)にいるため。
    地方名・市場名
    生息域
    海水魚。
    新潟県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、青森県太平洋沿岸、鹿島灘〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海にも少ないが生息する。東シナ海大陸棚縁辺、朝鮮半島南岸、済州島、台湾南部、中国東シナ海沿岸、海南島東海域。
    生態
    基本情報

    胸鰭は緑単色。
    水産基本情報
    市場に入荷することは少ない。産地などで食用とされる。
    相模湾や駿河湾では釣り、底引きでとれる。それを雑魚として利用している。
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    小型であるが味はよくて、面倒を嫌わず刺身にしたらなかなかいい味わいだ。またまっぷたつに開いて一夜干しにしたものもうまい。ただし小振りでウロコが強いので面倒ならみそ汁にするのがいい。荒くウロコを取り、熱湯に通して水洗い、ここでこそげるようにウロコを取り去る。それを鍋に入れ、冷水をはって火にかけるのだ。沸き立ってきたらアクとり、みそを溶いて出来上がり。飲み過ぎて二日酔いのお父さんなんてこれで一気に生き返るはずである。
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ソコカナガシラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ