ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ソコホウボウ(Spottyback searobin)

学名:Pterygotrigla hemisticta (Temminck and Schlegel,1843)

ソコホウボウの形態写真

30センチ前後になる

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目ホウボウ科ソコホウボウ属
    外国名
    Spottyback searobin
    学名
    Pterygotrigla hemisticta (Temminck and Schlegel,1843)
    漢字・由来
    漢字 底魴鮄、底竹麦魚
    由来・語源 田中茂穂の命名。深海にいるホウボウという意味合い。
    ホウボウは
    形〈方頭(カナガシラ)〉に似て〈這う魚〉の意味。〈這う魚 はうさかな〉がホウボウに転訛した。
    鰾(浮き袋)の振動による鳴き声が「ほうぼう」と聞こえるため。
    地方名・市場名
    鹿児島県鹿児島市では単にカナガシラ。
    倉場富三郎グラバー図譜ではカナド。
    ゴマガラ、ゴマホウボウ、ソコノジョウ。(以上すべて高知県高知市)
    生息域
    海水魚。水深138メートルから500メートルの砂泥地。
    鹿島灘〜土佐湾の太平洋沿岸、希に九州北岸、五島列島。東シナ海からインド洋。
    生態
    基本情報
    深場の漁が行われている漁港で水揚げされている。量的に少なく、まとまらないので流通範囲は限られる。
    主に底曳き網で揚がるので鮮度のいい物は稀。
    血合いがあまりキレイじゃない上に野締めが多いのであまり評価はよくない。
    水産基本情報
    市場での評価 関東には稀に入荷してくる。安い。
    漁法 底曳き網
    産地 鹿児島県、静岡県、三重県、愛知県
    選び方
    触って張りのあるもの。色合いが鮮やかなもの。
    味わい
    旬は秋から春。
    鱗はほとんど気にならない。皮は厚みがあって強い。
    透明感のある赤みがかった白身。熱を通すとやや硬く締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    煮つけ、汁(潮汁、みそ汁)、生食(カルパッチョ)、塩焼き
    塩焼き 焼くと少し硬く締まるが味はいい。
    ソコホウボウの煮つけ煮つけ
    煮ても硬くならず、調味料が入りやすい。箸で適度にほぐれ甘味がある。頭部などの骨から実に滋味豊かなだしがでて、煮汁がとても美味しい。
    ソコホウボウの潮汁
    歩留まりがわるいものの、頭部の骨格やあらから実にいいだしが出る。またあらにつく筋肉も実に美味しい。みそ汁もいいが塩味がいい。塩味で煮込んだ潮汁。こしょうとあさつきを散らしてみた。
    ソコホウボウの刺身生食
    鮮度がイマイチなので刺身よりもカルパッチョやセビチェの方がうまい。特にカルパッチョは身の食感などが生かせて美味しい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本西部及び南部魚類図譜(グラバー図譜)』(倉場富三郎 長崎大学附属図書館 web版)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「ソコホウボウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ