ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

セトダイ(英名/Belted beard grunt,Grunt)

学名:Hapalogenys analis Richardson, 1845

セトダイの形態写真

体長25センチ前後になる。体に黄褐色の横縞があり、側扁する。背鰭棘は長く太く硬い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目イサキ科ヒゲダイ属
    外国名
    英名/Belted beard grunt,Grunt
    学名
    Hapalogenys analis Richardson, 1845
    漢字・由来
    漢字 瀬戸鯛
    由来・語源 瀬戸内海に多い魚の意味。
    地方名・市場名
    兵庫県明石、広島県広島中央市場ではタモリ。見た目が野暮ったく田舎くさいので、漢字で「田守」すなわちお百姓さんのことではないか。
    兵庫県姫路市家島群島坊勢島でビングシ。
    広島県倉橋島ではカイグスネ(貝ぐすね。「ぐすね」とは「くすねる」のことで密かにものをとること)。
    広島県呉市では「こしょう」。
    他には、カイゲス、クロメ、コウコダイ、コオコダイ、コウゴダイ、コオゴダイ、コショウダイ、コダイ、コロダイ、シギウオ、トモモリ。
    生息域
    海水魚。瀬戸内海では水深50m前後に多い。
    瀬戸内海、有明海、富山湾から鹿児島県の日本海・東シナ海沿岸、和歌山県南部〜九州南岸の太平洋沿岸。朝鮮半島西岸・南岸、河北省〜広東省の中国沿岸、台湾、トンキン湾、シンガポール。
    生態
    基本情報
    瀬戸内海に多く当地では普通に鮮魚店、スーパーなどで見られる。
    関西以西の市場では見かけるが東日本ではまったく見ないものでもある。
    獲れる量が少なく、あまり目立たない魚だが、味がいいので産地などでは人気が高い。
    水産基本情報
    市場での評価 関東には少なく、近畿以西瀬戸内海、有明海などに多い。比較的安い。
    漁法 底曳き網
    産地 瀬戸内海周辺の各県
    選び方
    目が澄んでおり、体に走る縞模様のはっきりしているもの。
    味わい
    旬は春から夏
    産卵後をのぞき比較的味が落ちない。
    鱗は小さく硬い。皮はしっかりしている。骨は硬い。
    透明感のある白身で血合いは薄紅色でときに淡い。
    いいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    煮つけ、汁(みそ汁、潮汁)、刺身(焼霜造り)、塩焼き、バター焼き
    セトダイの煮つけ煮つけ
    ほどよく繊維質で身離れがいい。醤油とあいまって甘みが強く、ほどよく下の上で崩れるその感覚が心地よく、また食べ飽きぬ味わい。煮つけの味わいは魚類中屈指のもの。
    セトダイの汁
    みそ汁にすると酒の肴でも、ご飯にも合う。クセのないうまいだしが出て美味。
    セトダイの刺身刺身
    旬の刺身はうまい。ただし皮を焼き、冷水にとる。いわゆる焼霜造りにするとよりうまさが際立つ。
    セトダイの塩焼き塩焼き
    塩焼きは身離れもよく、皮に香ばしさが出てうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/明石浦漁業協同組合(兵庫県明石市)
    『浜から伝える 魚調理事典』(兵庫県漁業協同組合連合会 山嵜清張)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「セトダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ