ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

スジイカ(英名/Luminous flying squid, Stripe squid)

学名:Eucleoteuthis Luminosa (Sasaki,1915)

スジイカの形態写真

外套長20センチ前後。スルメイカに似て、先端部にかけて円錐形に細まる。腹側に二本の筋状発光器があり、頭部にまで続く。耳は大きい。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門頭足綱鞘形亜綱十脚形上目ツツイカ目閉眼亜目アカイカ科アカイカ亜科スジイカ属
    外国名
    英名/Luminous flying squid, Stripe squid
    学名
    Eucleoteuthis Luminosa (Sasaki,1915)
    漢字・由来
    漢字 筋烏賊
    由来・語源 腹側(色素が薄く白っぽく見える)に二本の白い筋があるイカの意味。
    地方名・市場名
    市場ではヘイチョウ(兵長)。
    生息域
    海水生。道東海域から四国の太平洋側。日本近海太平洋側からカリフォルニア沿岸、北太平洋の冷水域、ハワイ。
    生態
    基本情報
    太平洋側で普通に見られるイカだが、濃い群れを作らないためにまとまってとれない。
    また皮が柔らかく、水分が多いなどで生鮮品としての価値が低い。
    比較的太平洋沿岸のローカルなイカといえるもの。
    一般に流通することも、小売り店で見かけることも非常に少ないもの。
    水産基本情報
    市場での評価 非常に希に入荷する。非常に安い。
    漁法 定置網、巻き網
    産地
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    やや水分が多く鮮度落ちが早い。
    皮はもろく破れやすい。
    ワタはやや大きくスルメイカに近い。
    旨みは少ない。
    皮を剥いても発光器の筋はくっきり残りとれない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 フライ、煮る、焼く、刺身
    フライ◆熱を通してもあまり硬くならない。天ぷらよりもフライにして美味。
    煮る◆醤油、砂糖などを加えることで旨みを補い、熱を通しても硬くならないので煮つけにしてよい。
    焼く◆そのまま焼くのではなく、干して焼く方がよい。イカらしい風味があり、甘みが増す。塩加減は控えめに。
    刺身◆刺身は発光器周辺がやや硬く旨みに欠ける。

    皮を剥いても発光器の筋は残る。


    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    アカイカ(ムラサキイカ、ゴードーイカとも)釣りの外道。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『新・世界有用イカ類図鑑』(奥谷喬司 全国いか加工業協同組合)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「スジイカ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ