ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

シラタエビ

学名:Exopalaemon Holthuis,1950

シラタエビの形態写真

体長7センチ前後になる。生きているときには透明で死ぬと白くなる。額角が長く鋭い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱エビ上目十脚目抱卵亜目テナガエビ科スジエビ属
    外国名
    学名
    Exopalaemon Holthuis,1950
    漢字・由来
    漢字 白太蝦
    由来・語源 「白太」とは白いということで、赤の反対語。これから熱しても赤くならないということか。もしくは白いエビという意味合い。
    地方名・市場名
    佐賀県、福岡県柳川市でシラエビ。
    佐賀県鹿島市でサザレ。
    生息域
    浅い汽水域。函館以南〜九州。韓国、台湾、中国。
    生態
    基本情報
    汽水域でとれる小エビのひとつ。
    有明海周辺では干しエビにもなる。
    かき揚げに、だしなどに産地では人気が高い。
    水産基本情報
    市場での評価 有明海周辺では小エビとして人気がある。値段はやや高め。
    漁法 待ち網、四つ手網
    産地 佐賀県、福岡県、熊本県
    選び方
    透明感のあるもの。黒ずんだものは古い。
    味わい
    旬は不明
    頭部が大きく額角が長く鋭い。
    額角はとって料理する方がよい。
    熱を通しても赤くならない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    かき揚げ、素揚げ
    シラタエビのかき揚げかき揚げ 額角をとり、かき揚げにするのが一般的。エビらしい香りがしてうまい。
    素揚げ 素揚げにすると、香ばしく、エビの甘みがあり美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    有明海周辺。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「シラタエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ