ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ショウジンガニ

学名:Plagusia dentipes De Haan,1835

代表的な呼び名イソガニ

ショウジンガニの形態写真

甲長5センチ前後になる。甲の表面には細かな毛が密集している。脚は長く、赤い縁取りと、ハサミ脚にはイボ状の赤い斑文がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目イワガニ科ショウジンガニ亜科ショウジンガニ属
    外国名
    学名
    Plagusia dentipes De Haan,1835
    漢字・由来
    漢字 不明
    カニの語源
    ■ 「カニ」の語源は「“か”=“殻”」と「“に”=“丹”」。“丹”は赤いという意味で、殻が赤い、もしくは殻がゆでると赤いという意味。
    ■ 「かにくそ」というのがあって、これは生まれたばかりの子が初めてする「くそ(糞)」に似ている。この場合はサワガニに由来するのかもしれない。
    ■ 甲が硬くて、逃げるのが速いので「硬逃」が転訛した。
    地方名・市場名
    千葉県外房ではイソッピ、イソッピー。
    イソガニ(磯蟹)という地域が多い。
    生息域
    海水生。岩手県以南、九州、沖縄。
    外洋に面した潮間帯の岩場などに普通。
    生態
    基本情報
    ショウジンガニなどイワガニ科総論
    磯や干潟などにいるイワガニ科で食用として利用されているのはショウジンガニだけ。
    ただしこれも漁村など海辺で細々と食用になっているのみ。
    イワガニ科のカニは潮間帯にたくさん見られ、身近なことからニワトリのエサなどに利用されていることが多い。
    また釣りエサとしても利用される。
    特に磯に多いイソガニなど小型のカニは釣りエサとして人気が高い。

    日本各地の海辺で見かけることの多いのがショウジンガニ。
    防波堤、磯などに普通。
    また漁村などでは半分レジャーをかねて、取ったり、または子供が遊びでとるもの。
    これを持ち帰って、みそ汁などに利用する。
    伊豆半島はじめ海辺の民宿などでは名物ともなっている。
    水産基本情報
    市場での評価 関東の市場には希に入荷してくる。安い。
    漁法
    産地
    魚屋で売られているショウジンガニ海辺の魚屋で売られているショウジンガニ
    選び方
    原則的に生きているものを選ぶ。
    味わい
    旬は夏
    甲羅は硬く、身は非常に少ない。
    主にみそ汁のだしとして利用。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    みそ汁、汁
    ショウジンガニのみそ汁
    みそ汁 一般にはみそ汁にする。
    とても濃厚でうまい汁になる。
    身はほとんどとれないが、実は甘みがあり美味。
    塩で仕立ててもいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    /カニ網という、重りと網、網には小さな餌を入れる袋状の網がついていてそこに魚のアラなどを入れてカニのいそうな場所に置いておくとノソノソとはい出してくるのが本種。これを釣りと言うかどうかわからないが、面白くて熱中してしまう。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『新版 水産動物学』(谷田専治 恒星社厚生閣)、『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ショウジンガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ