ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

シモフリカジカ(Snowy sculpin)

学名:Myoxocephalus brandti (Steindachner,1867)

シモフリカジカの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長30cm前後になる。頭部はギスカジカ比べると尖っていて目と目の間は狭い。頭部に皮弁がある。体に霜降り状の白い斑紋がある。側面、腹部側面近くには斑紋があり、腹部に斑紋がない。

シモフリカジカの形態写真

体長30cm前後になる。頭部はギスカジカ比べると尖っていて目と目の間は狭い。頭部に皮弁がある。体に霜降り状の白い斑紋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目カジカ科ギスカジカ属
    外国名
    Snowy sculpin
    学名
    Myoxocephalus brandti (Steindachner,1867)
    漢字・由来
    漢字 霜降鰍、霜降杜父魚
    由来・語源 身体に霜降り模様(白い小さな斑文)のある鰍の意味。
    地方名・市場名
    アオカジカ。
    生息域
    海水魚。沿岸の浅い藻場・岩場。
    北海道全沿岸、青森県鮫、岩手県、福島県、茨城県。東朝鮮湾から沿海州をへて間宮海峡、サハリン西岸・南東岸、千島列島、オホーツク海、カムチャツカ半島東岸、カラギンスキー島。
    生態
    基本情報
    主に北海道で水揚げされるが、流通上はほとんど見かけない。ほぼ流通しないのではないかと思われる。
    『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)には「雑魚として養殖ミンクn餌に利用される」とある。
    水産基本情報
    市場での評価 流通しない。
    漁法 釣り
    産地
    選び方
    触って張りのあるもの。粘液は白濁していないもので、粘液にネバリのあるもの。
    味わい
    旬は秋から春だと思われる。
    鱗はなく皮は厚みがあって上部。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身であるが、鮮度落ちが早く白濁しやすい。熱を通すと硬く締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「シモフリカジカ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ