ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

クロモ

学名:Papenfussiella kuromo (Yendo) Inagaki,1958

クロモの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
高さ60cm前後になる。よく分枝する。藻体の表面に産毛状のものがあり、触るとぬるぬるする。円柱状で無数の枝が出る。枝からは枝は生じない。表面には黒くて非常に細い毛が無数に出る。表面には黒くて非常に細い毛が無数に出る。

クロモの形態写真

高さ60cm前後になる。よく分枝する。藻体の表面に産毛状のものがあり、触るとぬるぬるする。円柱状で無数の枝が出る。枝からは枝は生じない。表面には黒くて非常に細い毛が無数に出る。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    植物界褐藻植物門褐藻綱ナガマツモ目ナガマツモ科クロモ属
    外国名
    学名
    Papenfussiella kuromo (Yendo) Inagaki,1958
    漢字・由来
    漢字 黒藻
    由来・語源 色合いから。
    地方名・市場名
    ズル/新潟県糸魚川市浦本
    ドロ/新潟県糸魚川市浦本
    生息域
    海水生。北海道南部、本州、瀬戸内海、四国、九州。朝鮮半島。
    低潮線付近、タイドプールの岩上や他の海藻上。
    生態
    基本情報
    石川県では春から初夏にかけて出回るもの。
    湯にくぐらせて、酢の物、汁などにいれる。
    海藻らしい風味があり、食感も楽しめる。
    水産基本情報
    市場での評価 石川県産が少ないながら流通している。やや高値。また岩手県産などで塩蔵品もある。
    漁法 採取
    産地 石川県、岩手県
    選び方
    塩漬を購入したので、まだ詳しくはわからない。
    味わい
    旬は春〜初夏。
    モズクなどと比べると太く、表面に小さな毛が生えている。非常にぬるぬるとしてねばる。
    熱を通すと緑色になるがねばりは取れない。
    歯触りがよく海藻らしい風味も楽しめる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法湯通し(サラダ、酢の物など)、汁(すまし汁、みそ汁)

    湯通し 生では黒っぽい色合いが熱を通すと緑に変わる。粘りけが強く、うま味、海藻の風味も楽しめる。食感もいい。塩蔵品はほとんどねばらない。
    クロモの吸い物吸いもの 湯通しして吸い物、みそ汁などにいれて美味。なんといっても麺を思わせる食感と海藻のうま味、口に入れてからの風味がいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/海清丸(新潟県糸魚川市浦本)
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「クロモ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ