ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オキナワモズク

学名:Cladosiphon okamuranus Tokida

オキナワモズクの形態写真

ヒモ状に細長く、不規則に分枝する。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★★

    重要水産物

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    植物界紅藻植物門褐藻綱ナガマツモ目ナガマツモ科オキナワモズク属
    外国名
    学名
    Cladosiphon okamuranus Tokida
    漢字・由来
    漢字 沖縄海蘊、沖縄水雲。
    由来・語源 沖縄で大量にとれるモズクの意味。
    本来モズクの仲間ではないが、モズクに似た形なので。
    地方名・市場名
    一般にモズク。
    奄美大島でスノリ。
    沖縄でスヌイ、スヌリ、スヌール。
    生息域
    海水生。西南諸島。
    生態
    基本情報
    生産量2万トンあまり。
    国内で流通するほとんど総てがオキナワモズク。
    1970年代なかばに養殖が始まり、今ではモズクと言えば本種をさす。
    塩蔵品などもあるが、一般的なのはパック詰めの酢の物。
    スーパーなどでの定番商品となっている。
    また少ないながら乾燥板モズクなどもある。
    水産基本情報
    市場での評価 生、塩蔵、加工品など大量に流通する。値段は比較的安値安定。
    漁法 養殖
    産地 沖縄
    選び方
    藻体のしっかりしたもの。黒さが濃いもの。
    味わい
    旬は春〜初夏。
    モズクと比べると太く、滑りがある。
    ほどよい食感があり、海藻らしい香りや甘みがある。
    栄養
    カルシウムが豊富で、ガン抑制効果のあるフコイダンを含む。
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 湯通し(酢の物)、汁、雑炊
    湯通しして酢の物にすることが一般的。
    食感がよく、しっかり海藻らしい風味、甘みがある。
    これをすまし汁、みそ汁などにいれてもいい。
    また雑炊にしても美味。
    酢の物
    乾燥板モズク
    雑炊。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    塩蔵モズク/塩漬けにしたもの。
    酢の物/三杯酢、黒酢など日本各地で製造されている。
    乾燥板モズク/板状にのばして乾燥させたもの。湯もしくは水で戻して酢の物に、汁に利用する。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『沖縄食材図鑑』(NPO法人 食の風 楽園計画)
  • 主食材として「オキナワモズク」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ