ホウキハタ

ホウキハタの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長70cm前後になる。イヤゴハタに似るが体側の弓なりの筋に切れ目がない。体長70cm前後になる。イヤゴハタに似るが体側の弓なりの筋に切れ目がない。

ホウキハタの形態写真

体長70cm前後になる。イヤゴハタに似るが体側の弓なりの筋に切れ目がない。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科マハタ属
外国名
Broom grouper
学名
Epinephelus morrhua (Valenciennes,1833)
漢字・由来
漢字 箒羽太
由来・語源 田中重穂の命名。由来は不明だが、箒で掃いた後のような筋模様があるためか?
地方名・市場名
アオナ/高知県
オオナシミーバイ/沖縄本島
オーナイ/高知県
オーナシ/沖縄八重山
カッパマス/三重県熊野市
ハロー/東京都小笠原
クエ/高知県
スッスウニバラ/沖縄宮古
ツルゴ/高知県
ハルカナ/高知県
ハルナ/高知県

概要 ▽

生息域

南日本。沿岸の岩礁域。
富山県〜長崎県の日本海沿岸、伊豆諸島、小笠原諸島、相模湾〜九州南岸・屋久島の太平洋沿岸。
朝鮮半島南岸〜台湾、西インド洋、スリランカ。

生態

基本情報

関東の市場には小笠原、伊豆諸島で取れるので少ないながらも入荷がある。
寒い時期のハタが値を上げるときにはやや高値となるが、他のマハタ類と比べると安いので、冬などは鍋などで提供されているのではないかと想像する。

水産基本情報

市場での評価 関東には主に小笠原産が入荷してくる。高価。
漁法 釣り
産地 東京都

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。退色して白っぽくないもの。

味わい

旬は秋から初夏だと思う。年間を通してあまり味が落ちない。
鱗は小さくて取りにくいため、包丁ですき引くしかない。皮は厚く硬い。
血合いはよわい。透明感のある白身で、熱を通すとやや締まって硬くなる。

身質 透明感のある白身で血合いはよわい。熱を通しても硬く締まることはない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

煮る(煮つけ)、汁(ちり鍋、みそ汁、潮汁)、生食(刺身、セビチェ)、揚げる(唐揚げ)、焼く(ロティ、塩焼き)
ホウキハタのあら煮ホウキハタのあら煮 ハタ科の魚のいちばんうまい部分は皮かもしれない。皮と骨に付着している身にも甘みがある。あらは湯通しして冷水に落とし、落としきれなかった鱗やぬめりを流す。よく水切りして、これを酒、砂糖、しょうゆでこってりと煮る。酒・塩のみ、酒・みりん・しょうゆの味つけもいい。
ホウキハタのみそ汁ホウキハタのみそ汁 あらを集めて湯通しする。冷水に落として鱗や血液、ぬめりを流す。よく水切りして、水から煮出してみそをとく。昆布だしで煮出すとより味わい深い。うま味の強い汁で、ご飯に合う。
ホウキハタの刺身ホウキハタの刺身 やや大振りのホウキハタを水洗い。三枚に下ろして皮を引く。これを刺身にしたもの。鮮度によっては硬いので薄めに造るといい。イヤミのない上品な味で、ほんのりとした甘味がある。
ホウキハタの唐揚げホウキハタの唐揚げ ホウキハタのかま、腹骨などに片栗粉をまぶしてじっくりと二度揚げにしたもの。皮の部分がゼラチン質になり、身は繊維質でしまって甘い。表面の香ばしさとともに非常に味がいい。
ホウキハタの塩焼きホウキハタの塩焼き しめてすぐや鮮度のいいものは少し寝かせる。振り塩をして1時間以上置く。これをじっくりと焼き上げる。たた淡泊でもの足りないが、イヤミのない味。オリーブオイルをかけて食べてもいい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『高知の魚名集』(岡林正十郎 リーブル出版)
東京都小笠原支庁


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ