シモフリハタ

シモフリハタの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
30cm前後になる。やや細長く側扁(左右に平たい)。全身に霜降模様が散らばる。体色は赤みが強いものや弱いものなどがある。30cm前後になる。やや細長く側扁(左右に平たい)。全身に霜降模様が散らばる。体色は赤みが強いものや弱いものなどがある。体表に霜降り模様がある。

シモフリハタの形態写真

30cm前後になる。やや細長く側扁(左右に平たい)。全身に霜降模様が散らばる。体色は赤みが強いものや弱いものなどがある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜科ハタ族マハタ属
外国名
White-dotted grouper
学名
Epinephelus rivulatus (Valenciennes)
漢字・由来
漢字 霜降羽太(simofurihata)
由来・語源 衣類の柄である霜降模様が全身にあるため。
地方名・市場名
アラ/鹿児島県鹿児島市
コウカシン/鹿児島県屋久島町安房(20170623)
市場では単にハタ。

概要 ▽

生息域

海水魚。沿岸の浅い岩礁域・サンゴ礁域。
九州北西岸、三重県和具・九鬼、和歌山県串本・田辺・宇久井、高知県柏島、沖縄諸島

生態

基本情報

熱帯にいる小型のハタ。
小笠原、西南諸島、沖縄などで揚がる。
東京には小笠原ものが入荷してくる。
築地などでは比較的安いハタの代表的なもの。
ハタなので決してスーパーなどには並ばないが、フレンチや中華料理に利用される。
値段からして冬期の鍋物、蒸し物など利用出来、なかなか味もいい。
高級ハタ類と比べなければ味の点からも、お買い得だと思う。

水産基本情報

市場での評価 入荷量が少ない。ハタでも小型なので値段はやや安い。
漁法 釣り、定置網
主な産地 小笠原

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って硬いもので鰓が鮮紅色のもの。

味わい

白身。
ハタにしては身が柔らかい。
小型であるためか旨みに欠ける。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法
煮る(煮つけ)、汁(鍋、みそ汁)、生食(湯引き、刺身)、揚げる(唐揚げ)

シモフリハタの煮つけ煮つけ 頭部やあらを熱湯にくぐらせて鱗や汚れをこそげ落とし、丁寧に水切りして、煮上げたもの。味つけは酒、みりん、しょうゆだけ。
シモフリハタの鍋 昆布とあらでだしを取り、酒を加えて塩味をつける。ここにぶつ切りの身を加えて煮たもの。汁を多くして鍋仕立てにした。具は焼きねぎだけにしてみた。
シモフリハタの湯引き湯引き 三枚に下ろして皮付きのまま軽くゆでる。冷水に取り水分をよく切り、刺身状に切る。酢味噌などで食べる。皮に独特の食感があっておいしい。
シモフリハタの刺身刺身 皮は厚く、湯引きしての皮霜造り、表面をあぶっての焼霜造りでは皮が柔らかくならない。生では単に刺身にする方が向いている。身に独特の甘味があって美味。
シモフリハタの唐揚げ唐揚げ 頭部や腹の部分に片栗粉をまぶしてじっくりと二度揚げにしたもの。非常に香ばしく皮と身に味があるっておいしい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)、川東守昭さん・繭右さん
『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ