ツチホゼリ

ツチホゼリの生物写真

体長1メートル前後になる。側扁(左右に平たい)して、タイ型。全身に細かい斑文がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜科ハタ族マハタ属
外国名
Purple rock-cod,Purple grouper
学名
Epinephelus cyanopodus(Richardson)
漢字・由来
漢字 土穿(Tutihozeri)
由来・語源 大分県佐伯での呼び名。浅場の砂地などを掘り、自分のすみかを作る習性から。
地方名・市場名
沖縄本島でタカバー、宮古でフデンニバラ、タカバーミーバイ。

概要 ▽

生息域

海水魚。南日本。小笠原。中・西部太平洋。サンゴ礁の浅い海域。

生態

海底を掘ってすみかを作る。

基本情報

珍しい種で一般には知られていない。

水産基本情報

市場での評価 珍しい種。入荷も希。ハタなので値段はやや高い。
漁法 釣り、定置網
主な産地 小笠原

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って硬いもので、鰓が鮮紅色のもの。

味わい

透明感のある白身。
鮮度落ちはハタにしては早い。
鱗は小さくて取りにくい。すき引きするといい。
白身で血合いも美しいが身割れしやすい。
アラには鱗などが残りやすい。
アラからいいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
刺身、汁(鍋、潮汁、みそ汁)、ゆびき
刺身 身割れしやすいが透明感のある白身で血合いが淡い赤で美しい上にうまい。
アラからはいいだしが出て、煮ると身が締まる。鍋、汁材料として非常に優れている。
湯引き 九州などではハタ類を湯引きにして
ツチホゼリの刺身刺身は美しく、新しいと硬い。旨み甘みとも申し分がない。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ