カンモンハタ

カンモンハタの生物写真

体長25センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科マハタ属
外国名
Honeycomb grouper
学名
Epinephelus merra Bloch
漢字・由来
漢字
地方名・市場名
沖縄ではイシミーバイ。

概要 ▽

生息域

海水魚。八丈島、小笠原諸島、硫黄島、南硫黄島、相模湾〜屋久島の太平洋岸、琉球列島。
台湾南部、香港から西沙諸島、インド・太平洋域。
サンゴ礁。

生態

基本情報

沖縄では比較的安いハタの仲間。
小型なので魚汁やマース煮などになる。

水産基本情報

市場での評価 鹿児島県諸島部、沖縄では一般的な食用魚。やや高値。
漁法
産地 沖縄県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方


カンモンハタの魚汁魚汁は沖縄の郷土料理で、魚のみそ汁である。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ