チャイロマルハタ

チャイロマルハタの生物写真

体長80cm前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科マハタ属
外国名
Orange-spotted grouper
学名
Epinephelus coioides (Hamilton)
漢字・由来
漢字 茶色丸羽太
由来・語源 茶色の丸い斑のあるハタの意味。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水、汽水域。岩礁地域。
新潟県柏崎、和歌山県田辺市湾、高知県浦戸湾、高知県以布利・沖ノ島、愛媛県愛南町深浦、鹿児島県内之浦、沖縄島、西表島。台湾、福建省〜トンキン湾の中国沿岸、海南島、東沙諸島、南沙諸島、インド-西太平域。

生態

産卵期は夏だと思う。

基本情報

鹿児島県でも高知県でも昔は珍しい魚であったが、近年よく見かけるようになったという。
大形のものは種名ではなくハタ類として出回っているよう。
ハタ類なので大きくなるほど高値となる。
築地場内などでは超がつく高級魚。
冬から夏にかけて味がいいのだが寒い時季に需要が高い。

水産基本情報

市場での評価 活魚、活け締めなども多い。大きいほど高価。超高級魚。
漁/刺し網、釣り
産地 鹿児島県、高知県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。斑紋、体色が褪せていないもの。鰓の赤いもの。

味わい

旬は寒い時季から夏。産卵後味が落ちる。
鱗は皮に埋もれている。皮は非常に厚く強い。骨は非常に硬い。
透明感のある白身で身割れしやすい。熱を通しても硬く締まりすぎない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 汁(潮汁、みそ汁、鍋)、煮る、焼く(塩焼き)、生食(刺身、湯引き)、揚げる(唐揚げ)、ソテー(ポワレ)
汁◆あらなどを水から煮だして塩味をつけただけが、実にうまい。みそ汁もいい。濃厚で滋味豊かな味である。寒い時季なら鍋にしてもうまい。
煮る◆皮の多い頭部などを煮るととてもうまい。皮がゼラチン質になり甘く、身にうま味がある。冷めると強く煮こごりご飯のおかずにして食べて美味。
焼く◆塩焼きにすると身がしまって鶏肉を思わせる食感になる。風味がよくうま味、甘味が豊かで実に美味である。
生食◆皮つきのまま芯が生の状態にゆでる。これを九州などで「湯引き」、「湯ぶき」などというが辛子酢みそで食べると実にうまい。胃袋や肝なども添えるとより魅力的だと思う。刺身もうまい。
チャイロマルハタの汁汁の味わいは魚類中でも最高峰。身にもうま味がある。
チャイロマルハタの煮つけ頭部の皮の多い部分を煮つけに。皮はゼラチン質になりとても美味しい。
チャイロマルハタの塩焼き塩焼き。じっくり長時間かけて焼くと中はしっとりと軟らかく、表面は香ばしい。
チャイロマルハタの刺身刺身。上品ではあるがうま味も甘味も豊か。実に美味だ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/田中水産、シーフーズ大谷
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ