新コンテンツはこちら

旧コンテンツ 索引
魚類 軟体類 甲殻類 その他 水生生物
二枚貝綱オオノガイ目キヌマトイガイ科
ナミガイ
Panopea japonica A.Adams,1850
その他のオオノガイ目の二枚貝にはここから!
ナミガイは一般には「白みる」と呼ばれ、刺身、寿司ネタになる。そして利用するのは水管の部分なのである。ただその周辺部、ヒモ、ワタ(内臓)なども美味で食べられる
魚貝の物知り度/★★★ 知っていたら通人級
市場での評価・話題◆間を通して入荷がある。昔はミルクイの代用品であって値段の安いものだったが、最近ではやや高値安定。
標準和名のミルクイ(みるがい)へはここから
生息域◆北海道から九州。オホーツク海、サハリン、沿海州、太平洋沿岸のメキシコからアメリカ。
生態◆潮間帯から水深30メートル前後の砂地。
大きさ◆15センチを超えるものもある。
漢字◆「波貝」。
由来◆調べているところ貝殻に波状の皺(しわ)があるところから。
呼び名・方言◆市場など流通の場では「白みる(しろみる)」。「翁の面貝(おきなのめんがい)」。
食べ方◆ 刺身/ワタ、ヒモなどのバター焼き

 市場では「白みる」と呼ばれている。激減したミルクイ(みるがい)の代用品として同様の使われ方をしている。値段もミルクイの半額以下である。ただし徐々に本種も資源の枯渇からか値段は上がってきているように感じる。もしもこの不景気がこなければ、もっと高騰していたかも知れない。
◆食べてみる◆
 長くのびる水管を食べるが、これを開いて軽く湯通し皮を剥いて使う。普通はこれを刺身として食べるが、最近は寿司ネタとして定着している。貝臭さが薄くあっさり食べやすく、万人向きの味である。
 意外に絶品なのは塩焼きである。開いたものに塩をして焼くだけで、貝の香ばしい風味、旨味が際だつ。干物にしても美味。
 水管以外のヒモ、ワタはバター焼きがいちばん。他にはみそ汁などにも使える。
●岡山県倉敷市児島高洲産。ダイスケさんから
●参考/『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)
刺身
一般的には、水管を刺身にする。ミルクイと比べると旨味甘味とも劣るが、二枚貝のなかでは美味な方
バター焼き
水管以外のヒモ、ワタ、貝柱などをニンニクバター(マーガリン)で短時間炒める。味付けは塩コショウもしくはパプリカ