新コンテンツはこちら

旧コンテンツ 索引
魚類 軟体類 甲殻類 その他 水生生物
◆食べてみる◆
 刺身はカワハギと比べると大味だ。これこそ肝などを活用して味を補うべき。肝は非常に大きい。
 いちばん妥当なのは鍋物か、煮つけ。
 少し干して干物にして焼く、塩焼きもまずくはない。
 フライ、唐揚げは無難な味。
 ムニエルはバター、オイルが味に奥行きを出してくれる。
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
参考/『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
体長の割りに厚みがなく、薄っぺらな形態。
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
フグ目カワハギ科ウスバハギ属
ウスバハギ
Aluterus monoceros (Linnaeus)
その他のカワハギ科の魚にはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆刺身/鍋/煮つけ/唐揚げ
ムニエル/フライ/干物
○美味
大きさ◆60センチ前後になる
生息域◆全世界の温帯・熱帯海域。
生態◆■カワハギよりも沖合に生息。
市場での評価・取り扱われ方◆入荷は少なくはない。評価は定まらず、やや安い。
ウスバハギの基本◆
■カワハギの仲間ではもっとも大きくなる。
漁獲方法◆刺網/釣り/定置網
漢字◆
「薄葉剥」。
■「薄刃剥」。
由来◆■身体が非常に薄っぺらいため。
「(かわ)はぎ」について◆
■関東では「皮」を「剥ぎ」料理することから。「はぎ」。
■西日本では「剥げ」て料理することから。「はげ」ともいう。

呼び名・方言◆
■神奈川県相模湾沿岸、静岡県沼津市周辺ではウマヅラハギと対比して「シロウマ(白馬)」。
■生態から「オキハゲ(沖はげ)」。
■各地で形態から「ウチワハギ」、「ウチワハゲ」
■形態から「ラケット」、「シャクシハゲ」、「セッタ」。
島根県で「シロメンボウ」、「メンボウ」、「サラサスッペ」。
別名「ナガサキイッカクハギ(長崎一角剥)」。
「ツノコ」、「ハゲ」、「ハゲノウオ」、「サンスナー」、「サントク」、「オキウマヅラ」、「シャボテン」。
ウスバハギの呼び名・方言のページへ
釣り◆相模湾のマダイのコマセ釣りなどの外道である。水面近く浅いところでかかってくる。