ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

メンコヒシガニ

学名:Aethra scruposa (Linnaeus,1764)

メンコヒシガニの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
甲長6cm前後になる。表から見ると単に石ころに見える。裏側。前方から。

メンコヒシガニの形態写真

甲長6cm前後になる。表から見ると単に石ころに見える。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ヒシガニ上科ヒシガニ科メンコヒシガニ亜科メンコヒシガニ属
    外国名
    学名
    Aethra scruposa (Linnaeus,1764)
    漢字・由来
    漢字 面子菱蟹
    由来・語源 分類学的にはヒシガニ科で形が子供の遊び道具である、面子(めんこ)そっくりだから。
    面子面子 古くは泥を焼いたものもあった。紙などを丸く切り、地面などに1枚おき、同じ面子を打ち当ててその風力で裏返しにすると、裏返しにしたものを取ることができる。昭和30年代(1950-60年代)にはテレビのヒーローや野球選手など様々な絵柄のものがあった。甲殻類の形態をいうなら古い泥面子からくるのではないかと思う。
    地方名・市場名
    生息域
    海水魚。水深35〜200メートルの岩礁域。
    紀伊半島〜琉球列島。台湾、マレー半島、スリランカ、インド、アフリカ東岸。
    生態
    基本情報
    Synonym
    Calappa depressa Latreille, in Milbert, 1812
    Cancer polynome Herbst, 1801
    Cancer scruposa Linnaeus, 1764
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/永野昌枝さん・廣さん(高知市)
    『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「メンコヒシガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ