ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ミミイカ(英名/Bottle-tailed cuttlefish,Little cuttlefish)

学名:Euprymna morsei(Verrill,1881)

ミミイカの形態写真

外套長3センチ〜4センチ。鰭は丸みを帯びる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門頭足綱鞘形亜綱コウイカ目ダンゴイカ科ダンゴイカ亜科ミミイカ属
    外国名
    英名/Bottle-tailed cuttlefish,Little cuttlefish
    学名
    Euprymna morsei(Verrill,1881)
    漢字・由来
    漢字 耳烏賊
    由来・語源 鰭(耳)が耳のようであるため。
    地方名・市場名
    兵庫県姫路市家島坊勢島でドンビイカ。
    岡山県ではチコベイカ。
    ダンゴイカ、ヒドコイカ、ジコイカ
    生息域
    海水生。北海道南部〜九州。
    生態
    基本情報
    各地で細々と食用となっているもの。
    ほとんど流通しないので、産地などで食べられる。
    産地でしか消費されないので、一般にはほとんど知られていない。
    食用としてよりも、むしろマダイなどの良質なエサとして重要。
    水産基本情報
    市場での評価 ほとんど流通しない。
    漁法 底曳き網
    産地
    選び方
    触って張りのあるもの。白濁したものは古い。
    味わい
    旬は春
    非常に小さなイカ。
    ワタに独特の味わいがある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    ゆでる、煮つけ、天ぷら
    一般にゆでてなます、酢みそで食べるなどするもの。
    ワタに旨みがあり、なかなか美味。
    煮つけ、天ぷらなどにも。
    茹でミミイカ
    茹でる
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    塩辛 兵庫県家島群島坊勢島で作られている。臭みがあるが、非常にうまい。
    ミミイカの塩辛
    兵庫県姫路市家島群島坊勢島、坊勢漁業協同組合にいただいた塩辛。まことにうま味が強く美味。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ダンゴイカの仲間はあまり利用されることもなく、雑魚として捨てられているようである。そのなかでは唯一、瀬戸内海などで利用、食べられているのを見ているのが本種である。また同じ瀬戸内海などでは釣り餌として利用される。
    ■小さなイカであるがくるりと胴をひっくり返して墨などを取り去り、さっと茹でる。これを酢みそというのがいちばんうまいようだ。当然煮つけというのもいい。
    参考文献・協力
    協力/兵庫県姫路市家島群島坊勢島、坊勢漁業協同組合
    『イカ・タコ識別図鑑』(土屋光太郎監修、小西英人編者、西潟正人料理 エンターブレイン)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「ミミイカ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ