ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

マルバアマノリ

学名:Porphyra suborbiculata   Kjellman, 1897

代表的な呼び名イワノリ

マルバアマノリの形態写真

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    植物界紅藻植物門紅藻綱ウシケノリ目ウシケノリ科アマノリ属
    外国名
    学名
    Porphyra suborbiculata   Kjellman, 1897
    漢字・由来
    漢字 丸葉甘海苔
    由来・語源 円状に丸くなるアマノリの意味。
    地方名・市場名
    イワノリ(岩ノリ)。
    生息域
    海水生。太平洋沿岸中南部、瀬戸内海、西南諸島、八丈島。朝鮮半島。
    生態
    基本情報
    各地で細々と採取しているノリ。
    岩や防波堤などについているもの。
    貝殻などを使ってかきとる。
    そのままバラ干しに、また板状に加工する。
    水産基本情報
    市場での評価 岩ノリという製品名で入荷してくるもののひとつ。高い。
    漁法 採取
    産地
    選び方
    ほぼ総てが乾物。よく乾いて黒いもの。退色していないもの。
    味わい
    旬は乾物なので周年。
    採取時期は冬から春。
    磯の香りがあり、甘みと旨みが強い。
    柔らかい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    乾物/あぶる、佃煮、あえもの(磯あえ)
    一般に軽くあぶってご飯にかける。
    そのまま食べるなどする。
    磯の風味と甘み旨みを楽しむ。
    時には佃煮などにも。

    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「マルバアマノリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ