ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

マルアオメエソ(Bigeyed greeneye)

学名:Chlorophthalmus borealis Kuronuma and Yamaguchi

代表的な呼び名メヒカリ

マルアオメエソの形態写真

アオメエソとマルアオメエソの比較 この2種を見分けるのは至難である。検索の仕方としてはアオメエソのほうがマルアオメエソと比べて頭部も目の大きさも体長に比して大きいということか? ところが静岡県駿河湾はアオメエソに2種あるように思える。 画像のものは「上がアオメエソ」、「下がマルアオメエソ」と思われるが、ともに駿河湾の戸田のトロールが同日に漁獲したもの。この2種に関してはまだまだ新しい同定の材料が出てきそうだ。 ●この2種に関しては静岡県沼津市の佐政水産青木修一さんにご教授願いました。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区正新骨下区円鱗上目ヒメ目アオメエソ亜目アオメエソ科アオメエソ属
    外国名
    Bigeyed greeneye
    学名
    Chlorophthalmus borealis Kuronuma and Yamaguchi
    漢字・由来
    漢字 丸青目狗母魚
    地方名・市場名
    メヒカリ(目光)
    生息域
    海水魚。水深45〜600メートル。
    銚子〜青森の太平洋側。
    生態
    銚子以北の深海に生息する。
    基本情報
    銚子以北のメヒカリ(目光)は本種である。
    アオメエソとの違いは、個人的にはまったく理解できない。
    同種ではないかと思っている。
    「茨城産メヒカリ」などとしてときどきスーパーなどにも並んでいる。
    干ものなどは、都内では決して珍しくない。
    水産基本情報
    市場での評価 築地など関東の市場でも普通に見られるもの。値段はやや高値で、キロあたり2000円を超えることがある。
    漁法 底曳き網
    産地 茨城県、福島県、千葉県
    選び方
    触って硬いもの。目が白い、斑文がはっきりしないものは古い。
    味わい
    柔らかく、脂ののった白身。
    脂の甘みが感じられ、旨みにも満ちている。
    骨は細く、揚げることで気にならなくなる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、唐揚げ、天ぷら、塩焼き(干物)
    ★すしネタとして優れている。
    ある程度の大きさがあり、脂ののったものを刺身にすると、非常に美味。
    各地で唐揚げにして、これを名物としているが、本種の定番料理ともいえそう。
    骨が柔らかいために丸ごと食べられるのがいい。
    天ぷらにしても非常にうまい。
    塩焼きもうまいが、軽く干したほうが上。
    調理法はアオメエソと同じ。 アオメエソも参照ください
    好んで食べる地域・名物料理
    茨城県、福島県
    加工品・名産品
    冷凍唐揚げ
    メヒカリの一夜干しメヒカリの一夜干し
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ■ 本種とアオメエソを見分けるのは非常に面倒であり、むしろ産地から、本種は銚子以北に、アオメエソがやや南方に棲息するということで確定するのが無難かも知れない。
    ■ 本種を初めて見たのは1985年頃、茨城県那珂湊である。国道沿いの魚屋にバケツ一杯が200円ほどで売られていた。はっきり雑魚の扱いで面白いので食べ方もわからずに買ってしまった。それが今では高級魚の仲間入りである。福島などから入荷が多く、鮮度さえよければ天然マダイに勝る値段となる。
    ■ 刺身はアオメエソとまったく変わらない。脂があり舌の上でトロっとした感触、旨味が強い。天ぷら、唐揚げ、干物に向いている。
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「マルアオメエソ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ