ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ツマグロアオメエソ(Blacktipped greeneye)

学名:Chlorophthalmus nigromarginatus Kamohara,1953

ツマグロアオメエソの形態写真

体長25cm前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区正新骨下区円鱗上目ヒメ目アオメエソ亜目アオメエソ科アオメエソ属
    外国名
    Blacktipped greeneye
    学名
    Chlorophthalmus nigromarginatus Kamohara,1953
    漢字・由来
    漢字 端黒青目狗母魚
    由来・語源 アオメエソの仲間で鰭の先(端)が黒いから。
    地方名・市場名
    築地などでは単にメヒカリ。
    生息域
    海水魚。水深185〜440メートル。
    駿河湾〜土佐湾。東シナ海大陸棚斜面上部、台湾南部、オーストラリア。
    生態
    基本情報
    底曳き網で混獲されている。アオメエソの人気とともに稀に入荷してくるようになっている。
    大型なのでやや高価に取引されているが、いまだに一定の評価はない。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ◆食べてみる◆
    少し小骨が気になる。刺身はあまり旨味がなく平凡。
    小型なら天ぷら。大きいなら唐揚げに剥いている。
    塩焼きにするなら干物にした方がいい。
    参考文献・協力
  • 主食材として「ツマグロアオメエソ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ