ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

トモメヒカリ(英名/Humpback greeneye)

学名:Chlorophthalmus acutifrons Hiyama

トモメヒカリの形態写真

体長30㎝を超える。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区正新骨下区円鱗上目ヒメ目アオメエソ亜目アオメエソ科アオメエソ属
    外国名
    英名/Humpback greeneye
    学名
    Chlorophthalmus acutifrons Hiyama
    漢字・由来
    漢字 不明
    地方名・市場名
    別名、トガリアオメエソ。
    生息域
    海水魚。水深183〜950メートル。
    駿河湾〜九州南岸の太平洋沿岸。東シナ海大陸棚斜面上部域、済州島、台湾南部。希に青森〜茨城。
    生態
    産卵期は夏。
    基本情報
    一般魚ではなく、築地などでも特殊なもの。
    評価も値段も一定しない。
    水産基本情報
    市場での評価 愛知県、宮崎県などから入荷する。「目光」の特大という評価で非常に築地などでは高い。
    漁法 底引き網
    産地 愛知県、鹿児島県、静岡県、三重県、宮崎県、徳島県
    選び方
    触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は夏
    大型で30センチ前後になる。鱗は薄く取りやすい。皮も骨も柔らかい。
    透明感のある白身でやや水っぽいが、ほどよく繊維質でポロポロしない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    揚げる(天ぷら、フライ)、焼く(塩焼き、干もの)、刺身
    トモメヒカリの天ぷら揚げる
    開いて、小骨などを除き天ぷらにするのが基本かもしれない。骨が細くあまり気にならない。皮に風味があるのがいい。フライにしても美味しい。
    トモメヒカリの塩焼き焼く
    皮の風味がいいので単に塩焼きにしても美味しい。少し干して焼いてもいい。
    トモメヒカリの刺身刺身
    同科のアオメエソと比べると脂ののりがイマイチだけど、捨てがたい味である。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    めひかり開き干し(トモメヒカリの開き干し) 頭を落として開き干したもの。[総合食品 徳島県海部郡美波町]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「トモメヒカリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ