ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ベイカ(Beka squid)

学名:Loliolus (Nipponololig) beka (Sasaki,1929)

ベイカの形態写真

外套長(胴の長さ)8センチ前後になる。小型で胴が丸みを帯びている

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門頭足綱鞘形亜綱十脚形上目ツツイカ目開目亜目ヤリイカ科ジンドウイカ属
    外国名
    Beka squid
    学名
    Loliolus (Nipponololig) beka (Sasaki,1929)
    漢字・由来
    漢字 米烏賊、紅烏賊
    由来・語源 初夏に米粒のような卵をもっているため。紅烏賊は色合いから。
    地方名・市場名
    岡山県ではベカ。
    香川県ではミミイカ。
    大分県中津市でベコ。
    チイチイイカ。
    生息域
    海水・汽水生。瀬戸内海、有明海、東シナ海。
    生態
    低塩分の汽水域に生息。
    春から夏に産卵する。
    基本情報
    瀬戸内海や有明海の特産といってもよいもの。
    岡山県などでは観光四つ手網でとり、初夏の風物詩ともいえそう。
    小型のイカで刺身などよりも丸ごとゆでて、木の芽みそや酢みそであえる。
    産地でこよなく愛されている一品である。
    水産基本情報
    市場での評価 瀬戸内海など限られた地域でのみ流通するもの。値段はやや高め。
    選び方
    とれたては透明。赤く、もしくは褐色になり、また白くなる。白いのは古い。
    味わい
    旬は春から初夏
    子持ちを尊ぶ。
    柔らかく、卵巣に甘みがある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、ゆでる、煮つけ
    ベイカの酢味噌和え
    酢みそ和え 一般にゆでて酢みそ和えや酢の物にする。子持ちがよしとされる。木の芽時期なので木の芽和えにしてもいい。
    煮つけにしてもうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    瀬戸内海沿岸
    加工品・名産品

    ベイカの丸干し
    丸干し
    香川県で作られている。丸のままほしたもので軽く焙って食べる。クセのないイカらしい旨みにあふれているもので、非常にうまい。
    釣り情報
    イカスッテを使い延べ竿を使い浅場で釣る。小エビエサで釣る。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『児島湾』(同前峰雄 岡山文庫)、『岡山ふだんの食事』(鶴藤鹿忠 岡山文庫)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『世界イカ類図鑑2005』(全国いか加工業協同組合)
  • 主食材として「ベイカ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ