ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒメジンドウイカ(Kobi squid)

学名:Loliolus (Nipponololigo) sumatrensis (Orbigny, 1835)

登録画像は現在ありません

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門頭足綱鞘形亜綱十脚形上目ツツイカ目開眼亜目ヤリイカ科ジンドウイカ属
    外国名
    Kobi squid
    学名
    Loliolus (Nipponololigo) sumatrensis (Orbigny, 1835)
    漢字・由来
    漢字 姫神頭烏賊、姫磁頭烏賊。
    由来・語源 ジンドウイカよりも小型(姫には小さいという意味合いがある)という意味合い。
    ジンドウイカ
    ■ 佐々木 望(マドカ)博士は日本産頭足類を精査されたが、和名を与えることは極めて 少なく、各地呼称を記した程度だった。同氏は Loligo japonica に対してジンドウイカの和名を与えられたが、何処の方言かは、私は知らない。 “ジンドウ”を辞書で見ると結局、寺島良安の和漢三才図絵(正徳 2 年;1712)の項を写 したものと見える。“細かい竹を編み、河の中に立てゝ魚を追い入れて捕らえるもの”と あって、Loligo の外套の形が之に似ているから起こったものであろうかと想像する。『夢蛤』
    ■ 「じんどう」は矢の先の部分、鏃(やじり)の形のひとつ、「神頭」に似ているからではないか? 「神頭」は木で作られて平たい。
    地方名・市場名
    生息域
    海水生。本州中部〜東シナ海。南シナ海、台湾。
    内湾。
    生態
    基本情報
    ジンドウイカ類のジンドウイカ、ウイジンドウイカ、ヒメジンドウイカ、ベイカは
    瀬戸内海、九州などの内湾にいる小型のイカ。
    季節によってとれるジンドウイカ類は替わる。
    底引き網などでまとまってとれ、「小いか」として取り扱われ、
    総菜などになっている。
    水産基本情報
    市場での評価 主に西日本で消費されている。安い。
    漁法 底曳き網
    産地 兵庫県、岡山県
    選び方
    透明感のあるものか、褐色の強いもの。時間がたつと白濁する。
    味わい
    旬は冬から春。
    小さくて柔らかい。
    皮は取りやすい。
    真子も美味。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 煮る、焼く、刺身、ゆで
    煮る◆短時間まるのままあっさりとたいて(煮て)美味。
    焼く◆丸のまま焼く。香ばしく、内臓、卵巣などにうま味があってうまい。
    刺身◆小さいので面倒ではあるが、柔らかくほどよい甘みがある。
    ゆで◆げそ、胴体ともゆでて酢みそなどで食べてうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『世界イカ類図鑑2005』(全国いか加工業協同組合)、『瀬戸内海中央部における小型底びき網で漁獲されるジンドウイカ類の種組成と漁獲量』(山本昌幸、夏苅豊)
  • 主食材として「ヒメジンドウイカ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ