ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ハナアマダイ

Scientific Name: Branchiostegus okinawaensis Hiramatsu and Yoshino, 2012

ハナアマダイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長35cm前後になる。写真のもので体長30cm、重さ500g。目の下、周辺部に白い斑紋、涙を思わせる白い筋がない。

ハナアマダイの形態写真

体長35cm前後になる。写真のもので体長30cm、重さ500g。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アマダイ科アマダイ属
    外国名
    学名
    Branchiostegus okinawaensis Hiramatsu and Yoshino, 2012
    漢字・由来
    漢字 不明。華甘鯛、華尼鯛かも
    地方名・市場名
    生息域
    海水魚。水深100-200m。
    沖縄島周辺。
    生態
    基本情報
    記載が2012年の稀種で確認されている個体数が少ない。
    一定の評価、また資源量などはまったくわからない。
    水産基本情報
    市場での評価 流通上見ていない。
    漁法 釣り
    産地 鹿児島県、沖縄県
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    鱗はアマダイ類同様軟らかく薄い。皮はしっかりとして強い。骨は硬い。
    身はアマダイ類にしては少なくしっかりしている。透明感のある白身。
    熱を通しても硬くならず美味。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法 焼く(若狭焼き、塩焼き)、刺身、汁、ソテー(ポワレ)、揚げる(唐揚げ)
    「若狭焼き」。一塩したものを一晩寝かせ、酒を塗りながらこんがりと焼き上げたもの。皮は鱗がついてままで、身のうま味を逃がさない。本種のものは「ぐじ(アカアマダイ)」にけっしてひけをとらない。
    ハナアマダイの刺身「刺身」。他のアマダイ類よりも水分が少なくしまっているため、塩や昆布でしめなくても生で食べられる。非常に甘味、うま味が強い。
    「兜汁(かぶとじる)」。頭部と皮やあらををこんがりと焼いて昆布だしで煮て、塩味をつけたもの。非常にうまいだしがでて、兜自体についた皮、身もうまい。
    ハナアマダイのポワレ「ポワレ」。鱗つきのフィレに塩コショウ。オリーブオイルでかりっと皮を焼き上げて、クールブイヨン、白ワインでソースにする。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ハナアマダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ