ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

テンジクダツ(Blackfin longtom)

学名:Tylosurus acus melanotus(Bleeker)

テンジクダツの形態写真

1メートルを超える。非常に細長い。背が黒く腹が金色。腹鰭は体の中央よりも後方にある。尾柄部にキール(隆起した線)がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★

    まずくはない
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱真鰭区正真骨下区棘鰭上目スメグマモルフ系ボラ亜系ダツ目ダツ科テンジクダツ属
    外国名
    Blackfin longtom
    学名
    Tylosurus acus melanotus(Bleeker)
    漢字・由来
    漢字 天竺駄津、天竺喙長魚
    由来・語源 神奈川県江ノ島での呼び名。南方系のダツの意味か?
    地方名・市場名
    アオサギ、ウキシジャー、オキシジャー、ダツ、ラス
    生息域
    海水魚。
    相模湾・佐渡島〜九州、屋久島。朝鮮半島南岸、台湾、中国南シナ海、インド・太平洋の熱帯・温帯域。
    生態
    沿岸の表層。
    魚食性。
    基本情報
    一般的な食用魚ではない。
    ほとんど流通しない。
    水産基本情報
    水産物としての重要度/★ ほとんど食用としない
    市場での評価 一般に流通しない
    漁法 定置網
    主な産地
    選び方
    銀色に輝いて、きれいなもの。鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は寒い時期
    白身であるが小骨が多く食べづらい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法 刺身、塩焼き、唐揚げ
    体の後半三分の一だけに小骨がない。
    寒い時期なら刺身にしてなかなか捨てがたい。
    他には塩焼き、唐揚げ。
    オキザヨリと非常に似ている。歯は垂直でまっすぐ。頬に黒い帯がない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)
  • 主食材として「テンジクダツ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ