ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ツクシトビウオ(英名/Flyingfish,Narrowtongue flyingfish)

学名:Cypselurus heterurus doederleini

ツクシトビウオの形態写真

30センチ前後になる。胸鰭は一番前のものだけが不分枝。身体がやや丸みを帯びている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区側棘鰭上目スメグマモルフ系トウゴロウイワシ亜系ダツ目トビウオ亜目トビウオ科ハマトビウオ属
    外国名
    英名/Flyingfish,Narrowtongue flyingfish
    学名
    Cypselurus heterurus doederleini
    漢字・由来
    漢字 筑紫飛魚
    由来・語源 筑紫(福岡県)から日本海側を北に回遊してくるため。
    地方名・市場名
    兵庫県但馬地方でカクアゴ。
    島根県では同時にとれるホソトビウオをコメ(小目)、ツクシトビウオをオオメ(大目)。
    関東の市場ではカクトビ(角飛)。
    ガアタキ、カクトビ、ダシアゴ、トビウオ。
    生息域
    海水魚。
    北海道石狩湾〜九州西岸の日本海・東シナ海、北海道南部〜屋久島の太平洋沿岸。朝鮮半島南岸。
    生態
    トビウオ類ではもっとも岸寄りを回遊する。
    産卵期は5月から8月くらいまで(8月初旬の太平洋岩手県産のものに抱卵個体が見られる。
    基本情報
    国内で食用とするトビウオは大型のハマトビウオと、中型のトビウオ、ツクシトビウオ、小型種のホソトビウオの4種類。
    日本海を北上するもの群れが国内では最大のもので、多くがホソトビウオ、そしてツクシトビウオの2種。
    晩春に長崎県などでとれはじめ、夏に漁の盛りを迎える。
    日本海の夏の風物詩でもある。
    小さいホソトビウオは鮮魚としてはあまり出回らず、練り製品や煮干し(焼き干し)、干ものなどになる。
    ツクシトビウオは鮮魚として出回ることが多い。
    生で食べても、総菜などにしてもおいしい。
    水産基本情報
    市場での評価 トビウオ類では鮮魚としてもっともまとまって入荷してくるもの。春に入荷するハマトビウオに対して夏トビの名がある。値段は安くて安定している。
    漁法 流し刺し網、定置網、巻き網、底曳き網
    主な産地 長崎県、島根県、山口県
    選び方
    さわってシッカリしているもの。背は黒く、腹は銀色に輝いているもの。鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は夏。
    透明感のある白身で、旨みや脂は少ない。
    背の青い魚特有の風味もない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    生食(細かく切り香辛野菜と合わせる、昆布締め、刺身、セビッチェ)、唐揚げ、塩焼き
    唐揚げ 羽をそのままに内臓を抜き、小型は丸揚げ、大きなものは半身にして揚げて美味。半身で単純に揚げてもいい。
    ツクシトビウオのたたきたたき 三枚に下ろし皮を引いてあられに切り、ミョウガ、青じそ、ネギと合わせて、たたき風にする。これがいちばんうまいと思う。また単に刺身、セビチェなどにしても美味しい。
    ツクシトビウオの塩焼き塩焼き 硬く締まり、やや淡泊だが、皮目に好ましい風味がありイヤミのない味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    り製品 島根県「あご野焼き」
    乾物・干物 長崎県「あごだし」、「焼き干し」。
    あごだし 煮干しにするのはホソトビウオが主だが、ツクシトビウオも使われている。[カネタ 高橋商店 島根県松江市鹿島町]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■ 盆だて 「八月六日ころまでに、嫁が実家に、そうめんを重箱いっぱいと、とびうおの塩干ものを重箱のふたを逆さにした上にのせて持って行く。実家では半分を受け取り、残りを返す」。[大阪府南河内山村 トビウオ種不明]
    ■ お盆には塩干しとびうおの焼いたものと、じゃがいも、焼き麩、湯葉、かんぴょうの煮ものを食べる。[大阪府南河内山村 トビウオ種不明]
    ■ 「私ら市場関係者は、取引を簡明にするため、魚体の大小を区別している。成熟魚(大型 かくとび)を角飛、次を中飛(ちゅうとび)、小型は蠅飛(はいとび)」。中飛がツクシトビウオではないかと思われる。『干もの塩もの』(石黒正吉 毎日新聞社)
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)、『干もの塩もの』(石黒正吉 毎日新聞社)、『聞書き 大阪の食事』(農文協)、『南大阪の伝統食』(小林至編著 大阪公立大学協同出版会)、『但馬の美味しいお魚図鑑』(たじまの魚 新商品・新メニューの開発チーム 但馬水産事務所)
  • 主食材として「ツクシトビウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ