ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オオメナツトビ(limpid-wing flyingfish)

学名:Cypselurus unicolor (Valenciennes,1847)

オオメナツトビの形態写真

体長30センチ前後になる。羽状の胸鰭の前方2本が先端で枝分かれしない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区側棘鰭上目スメグマモルフ系トウゴロウイワシ亜系ダツ目トビウオ亜目トビウオ科ハマトビウオ属
    外国名
    limpid-wing flyingfish
    学名
    Cypselurus unicolor (Valenciennes,1847)
    漢字・由来
    漢字 大目夏飛、大目夏飛魚
    由来・語源 目が大きく沖縄などで夏に取れるため。
    地方名・市場名
    ヒラガヤチャー、ボビュー、ヒラガマチャー。
    生息域
    海水魚。伊豆諸島、小笠原諸島、沖ノ鳥島、屋久島、琉球列島。太平洋の熱帯域。
    生態
    台湾など熱帯域にいるもので春から夏にかけて沖縄、鹿児島南部に回遊してくる。
    夏に回遊してくるので「夏飛」なのである。
    基本情報
    鹿児島県南部でもとれるが、沖縄でとれるトビウオ類のなかではもっとも代表的なものだろう。
    夏にまとまってとれ、産地内で消費されるのではないかと思っている。
    全国的に流通する食用のトビウオは大型の〈ハマトビ〉、夏にかけて南から日本列島を北上する〈ホソトビウオ〉、〈ツクシトビウオ〉、やや後れて回遊してくる〈トビウオ〉の4種で、対するに本種は地域的な存在である。
    水産基本情報
    市場での評価 夏にまとまって入荷してくる。やや高値。
    漁法
    産地 沖縄県、鹿児島県
    選び方
    鰓が赤く目が澄んでいるもの。体液などが出ていないもの。触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は春から夏。
    鱗は薄く取りやすい。骨は軟らかい。
    透明感のある白身で血合いが大きい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、「うしお 第325号 2010年5月」(鹿児島県水産技術センター)
  • 主食材として「オオメナツトビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ