ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

サガミアカザエビ

学名:Metanephrops sagamiensis(Parisi,1917)

サガミアカザエビの形態写真

体長18センチ前後になる。アカザエビよりもやや小振り。細長く身体にとくに斑文はなく薄いレンガ色。ハサミ、ハサミ脚に濃い赤色と白の帯がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)ホンエビ上目十脚目ザリガニ下目アカザエビ上科アカザエビ科アカザエビ属
    外国名
    学名
    Metanephrops sagamiensis(Parisi,1917)
    漢字・由来
    漢字 相模藜蝦
    由来・語源 アカザエビで基産地(種を確定するための標本の産地)が相模湾のものであったため。体の色合いがアカザ科の植物の若い葉の色合いに似ているため。
    地方名・市場名
    市場ではテナガエビとも。
    フレンチレストランなどでは「てながえび」、「ラングスティーヌ」。イタリア料理店では「スカンピ」。
    生息域
    海水生。相模湾、熊野灘以南に棲息。
    水深300メートル〜350メートル。
    生態
    基本情報
    駿河湾以南ではアカザエビと混ざり、土佐湾、九州などでは本種の比率が高くなる。
    アカザエビ同様に扱われ、区別されないことが多い。
    非常に高価なもので料理店などだけで利用されている。
    フレンチレストランなどでは「てながえび」、「ラングスティーヌ」。イタリア料理店では「スカンピ」。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は少ない。値段は高くて安定。
    漁法 底曳き網
    産地 静岡県、愛知県、高知県
    選び方
    赤味の強いもの。白っぽいものは古い。
    味わい
    旬は不明
    殻は柔らかい。
    非常に甘みが強い。
    生で食べても美味。
    火を通してもうまい。
    ミソにクセはなく、濃厚な旨みを持つ。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    生(刺身)、焼く(干物)、みそ汁
    フレンチでは:ソテー、グラチネ(上火で焼く)、エチュベ(蒸し煮)、ポシェ(茹でる)、ソース
    生きているものは刺身にして美味。
    甘みが強く、柔らかい。
    ゆでる、焼くなども非常に美味。
    珍しいところでは半割にして軽く干したものは、いい肴になる。
    静岡県沼津などでは干物が作られている。
    半割にしてオイルでソテーしてもいい。
    フレンチでミソを使ったソースなどもうまい。
    漁師さんなどは出荷できないものを、みそ汁にするが、これもとてもうまい。
    サガミアカザエビのソテー
    ソテー
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「サガミアカザエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ