ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

カタボシイワシ(Blackear sardne)

学名:Sardinella lemuru Bleeker,1853

カタボシイワシの形態写真

体長24cm前後になる。腹部の一番下の部分、正中線上に稜鱗(棘のある鱗)がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱真鰭区ニシン・鰾下区ニシン上目ニシン目ニシン亜目ニシン科ニシン亜科サッパ属
    外国名
    Blackear sardne
    学名
    Sardinella lemuru Bleeker,1853
    漢字・由来
    漢字 肩星鰯
    由来・語源 鰓蓋骨(肩)の部分に小さな黒点があるため。
    地方名・市場名
    まとまってとれないので地方名はみあたらない。
    生息域
    海水魚。沿岸生。
    相模湾、駿河湾、徳島県、九州南岸、琉球列島。東シナ海中部、済州島、台湾、香港、フィリピン諸島、スラウェシ島、スマトラ島、ジャワ島、論木刀、マレー半島西岸、オーストラリア西岸。
    生態
    産卵期は夏から秋ではないかと思う。
    基本情報
    九州南岸では近年漁獲量の増えた魚のひとつ。
    相模湾などでもときどきまとまってとれることがあり、温暖化の影響ではないかと思っている。
    小骨が多く、血合いが強いために料理法などで工夫を要す。
    商品価値が低い。干もの加工など、なんらかの利用法を考える必要がある。
    水産基本情報
    市場での評価 関東、鹿児島県などでは入荷量の増えてきている魚のひとつ。非常に安い。
    漁法 定置網
    産地 鹿児島県、神奈川県
    選び方
    触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの(水氷の場合は当てはまらない)。頭部ほおなど赤く変色しやすいが、鮮度とはあまり関係がない。
    味わい
    旬は不明。
    鱗はやや硬く、稜鱗が強い、皮は普通の強さ、厚み。頭部ほお、体側など空気に触れると赤くなる。
    骨は非常に細く軟らかいが煩わしい。基本的に骨切りして調理する。
    小形のものは実が軟らかく脆弱、大きくなるとしっかりする。血合いは強い。
    いいだしがでる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 生食(刺身、なめろう)、煮つけ、汁(潮汁、みそ汁)、焼く(塩焼き、さんが焼き)、揚げる(唐揚げ)
    刺身◆細長い小骨が多く、単に刺身にするよりも細く切り落とすか、なめろうなど細かくたたいて作るものの方が向いている。柑橘類との相性もよく非常に美味しい。
    煮つけ◆骨切りをしてしょうゆ味で煮てとても美味。身自体にうま味があって、食べ飽きない味。
    汁◆骨切りして、適宜に切り、水から煮出してみそ、もしくは塩で味つけして味がいい。
    塩焼き◆香ばしく焼き上げて、熱いうちに食べるととても味がいい。小骨が多いのが難点だが、捨てがたい味。骨切りすると食べやすいが、歯に当たる、骨切りしないと煩わしいが身離れはいい。
    揚げる◆唐揚げなどにすると骨まで食べられてとても味がいい。

    カタボシイワシの刺身薄く切り落として造った刺身。
    骨切りして甘辛く煮上げたもの。身自体にうま味がある。
    カタボシイワシのみそ汁骨切りして適宜に切り、水から煮出してみそをとくだけ。みそ汁はとても美味しい。
    カタボシイワシの塩焼き塩焼きは美味。特に皮の風味がいい。骨切りするか否かは好みの問題。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/『宍喰漁業協同組合』(徳島県海部郡海陽町宍喰)、伊東正英(鹿児島県南さつま市笠沙)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「カタボシイワシ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ