ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オバクサ

学名:Pterocladia capillacea (Gmelin) Bornet and Thuret

代表的な呼び名テングサ

オバクサの形態写真

高さ50cm以上になる。全体に平たい。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    植物界紅藻植物門紅藻綱テングサ目テングサ科オバクサ属
    外国名
    学名
    Pterocladia capillacea (Gmelin) Bornet and Thuret
    漢字・由来
    漢字 不明
    由来・語源 不明
    地方名・市場名
    一般にテングサ。
    生息域
    海水生。日本各地沿岸。朝鮮半島、台湾。
    潮間帯から漸深帯。
    生態
    基本情報
    寒天材料として利用されている海藻のひとつ。
    一般にテングサというのは数種類の紅藻類。
    水産基本情報
    市場での評価 一般に乾物だけが流通。高い。
    漁法 潜水漁
    産地
    選び方
    よく乾いているもの。
    味わい
    旬は乾物なのでない。
    寒天状にして食べるもの。
    ほどよい硬さで磯の香りがある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 煮溶かし固める
    ところてんは、水に漬けて、酢とともに煮溶かし、形に入れて冷やす。
    こうすると固まるのだが、これを天突きで細長く麺状にする。
    これを辛子、酢醤油で食べる。
    ほどよく磯の香りがあって美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「オバクサ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ