ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オキメダイ

学名:Cubiceps baxteri McCulloch

オキメダイの形態写真

1メートル前後になる。形はメダイに似ている。鱗が大きく、目が大きい。胸鰭が長く尻鰭に届く。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目イボダイ亜目エボシダイ科ボウズコンニャク属
    外国名
    学名
    Cubiceps baxteri McCulloch
    漢字・由来
    漢字 沖目鯛
    由来・語源 沖合にいて目の大きい鯛型(側へんした)の魚という意味。
    地方名・市場名
    生息域
    海水魚。
    東太平洋の亜熱帯〜温かい海域、ハワイ諸島。
    生態
    基本情報
    非常に珍しい魚。
    一般にはまったく知られていない。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷はほぼない。
    漁法 定置網、マグロ延縄
    主な産地
    選び方
    味わい
    旬/不明
    白身。
    全身脂身といったもの。
    ただし脂の質はよく、クセがない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法 刺身、塩焼き、煮つけ、フライ、ムニエル、オイル焼き
    塩焼きが絶品。
    白いキンキ(キチジ)を思わせる。
    味噌漬け、粕漬けにしてもうまい。
    刺身もクセのない味わいで脂に甘みがある。
    非常に美味である。
    煮つけにしても美味。
    フライ、ムニエル、オイル焼きなどにしてもうまい。
    オキメダイの刺身切り身にすると全体に白濁して脂が混在する。クセのない上品な味わいながら、脂からくる甘みが感じられる。なかなかうまい。
    オキメダイの塩焼き脂が強く、焼くと脂が溶けてとろっとした食感になる。旨みがあり、このとろっと甘みもあるので非常に美味。ただし脂っこいと感じる人もいるだろう
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
    宮城県気仙沼市makoさんのAnglers-market
    http://www7a.biglobe.ne.jp/~Fish-Fish/index.html
  • 主食材として「オキメダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ