ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オキトラギス(Gold-birdled sandsmelt)

Scientific Name: Parapercis multifasciata Döderlein,1884

オキトラギスの形態写真

体長20cm前後になる。紡錘形で体側に8本の横縞がある。尾鰭は丸い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ワニギス亜目トラギス科トラギス属
    外国名
    Gold-birdled sandsmelt
    学名
    Parapercis multifasciata Döderlein,1884
    漢字・由来
    漢字 「沖虎鱚」。
    由来 倉場富三郎が採用した呼び名。トラギス類で沖合にいる。
    地方名・市場名
    ■ 「アカトラ」。
    ■ 「オキハゼ」。
    ■ 「アカトラギス」、「イシブエ」、「オキノゴモ」、「ケイセイグズ(傾城ぐず)」、「セゴモ」、「ホシゴモ」、「トラハゼ」、「トラギス」。
    生息域
    海水魚。水深100m前後の大陸棚砂泥地。
    茨城県・新潟県〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸。
    朝鮮半島南岸、台湾。
    生態
    基本情報
    マイナー魚。
    底曳き網などで揚がるがまとまってとれないので、流通上はほとんど知られていない。
    むしろ釣りなどに混ざる魚として関東では知られているかも。
    背鰭尻鰭は基底部が長い。身体が丸く細長い。口紅をつけたような唇、アイシャドウを引いたような目が特徴。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は希で、まとまっての入荷はない。やや安い。
    漁法 底曳き網
    産地 神奈川県、静岡県
    選び方
    触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。色合いが鮮やかなもの。
    味わい
    旬は秋から春。比較的味が落ちない。
    鱗は細かく取りにくい。皮は厚く強い。小骨がほとんどなく骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で血合いらしいものはない。熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    揚げる(天ぷら)、煮る(煮つけ)、生食(刺身、昆布締め)
    オキトラギスの昆布締めオキトラギスの昆布締め 寒い時季は脂があって身に厚みがある。水洗いにして三枚に下ろし、血合い骨、腹骨を取る。皮を引き、濡れ布巾で拭いた昆布にのせて締める。締め加減はお好みで。やや淡泊な味わいに昆布の味がプラスされてとても味わい深い。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    水深100メートル前後のコマセマダイ、アマダイ釣りの代表的な外道。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『続原色日本魚類図鑑』(蒲原捻治 保育社)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『日本西部及び南部魚類図譜(グラバー図譜)』(倉場富三郎 長崎大学附属図書館 web版)
  • 主食材として「オキトラギス」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ