ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

イネゴチ(Spotted flathead)

学名:Cociella crocodila (Tilesius)

イネゴチの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
35cm前後になる。砂地に張りつくようにいて、獲物(餌となる小魚など)を待っているため砂地に溶け込んだ模様をしている。非常に平べったい体で、コチ(マゴチ)と比べて顔が長い。全身に斑紋があり第一背鰭は黒っぽい。35cm前後になる。砂地に張りつくようにいて、獲物(餌となる小魚など)を待っているため砂地に溶け込んだ模様をしている。非常に平べったい体で、コチ(マゴチ)と比べて顔が長い。全身に斑紋があり第一背鰭は黒っぽい。35cm前後になる。砂地に張りつくようにいて、獲物(餌となる小魚など)を待っているため砂地に溶け込んだ模様をしている。非常に平べったい体で、コチ(マゴチ)と比べて顔が長い。全身に斑紋があり第一背鰭は黒っぽい。

イネゴチの形態写真

35cm前後になる。砂地に張りつくようにいて、獲物(餌となる小魚など)を待っているため砂地に溶け込んだ模様をしている。非常に平べったい体で、コチ(マゴチ)と比べて顔が長い。全身に斑紋があり第一背鰭は黒っぽい。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目コチ亜目コチ科イネゴチ属
    外国名
    Spotted flathead
    学名
    Cociella crocodila (Tilesius)
    漢字・由来
    漢字 稲鯒
    由来・語源 不明。推察すると、稲(いね、いな)が伸びる頃に味がよくなるためではないか。
    コチについて
    漢字
    ■ 「鯒」は敵に遭うと飛び跳ねるように逃げる。この様を「踊る」として文字を作った。
    ■ 「牛尾魚」とも書く。牛の尾の形なので。
    由来・語源
    ■ 大言海に“笏(こつ)”に似ているため。“笏(こつ)”は衣冠束帯(貴族の正装)のとき右手にもっていた細長い木の板。字音が“骨”に似ているため「しゃく」と読ませるようになった。
    ■ 「こち」は「こつ」で頭を表す方言。
    ■ 「こち」は「骨」で骨っぽいことから。
    地方名・市場名
    山形県酒田市由良漁港ではコチ。
    東京や神奈川県三崎でネズッポ科の魚などとともにメゴチとされている。『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
    アジナゴチ、イナゴチ、オニゴチ、ゴンボゴチ、スゴチ、チャマゴチ、ハリゴチ、バンゴチ、ホンゴチ。
    生息域
    南日本。〜インド洋。
    日本海では新潟県佐渡島産も見ている。
    生態
    産卵期は夏。
    基本情報
    ほとんど知られていない。
    水産基本情報
    市場での評価 少ないながら流通している。ただし雑魚として扱われることが多い。
    漁法
    主な産地
    選び方
    味わい
    旬は春〜夏。
    鱗は小さく薄く取りやすい。皮はやや厚め。骨はあまり硬くない。鰓に棘がありチクチクする。
    透明感のある白身だが水分が多く、白濁しやすい。鮮度落ちが早い。
    熱を通すと硬く締まる。
    卵巣は美味しい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法 生食、煮つけ、汁、焼く(塩焼き、漬け魚)、揚げる(沖縄風天ぷら、唐揚げ)
    生食◆刺身にして味がいいが、必ず活魚を使いたい。鮮度が落ちやすいので、野締めは生食は不可だと思う。
    煮つけ◆煮ると締まって硬いのが難点だが、上品な白身なので美味。
    汁◆ぶつ切りにして汁にすると実にいいだしが出て美味しい。ごぼうなど根菜類と合わせてもいい。
    焼く◆やや淡泊に過ぎるが無難で上品な味。酒粕やみそに漬けて焼いてもうまい。
    揚げる◆小振りのものは天ぷらや唐揚げにして美味しい。沖縄風に味つけした衣で揚げてもいい。
    イネゴチの刺身生食◆刺身にして味がいいが、必ず活魚を使いたい。鮮度が落ちやすいので、野締めは生食は不可だと思う。
    イネゴチの煮つけ煮つけ◆煮ると締まって硬いのが難点だが、上品な白身なので美味。
    焼く◆やや淡泊に過ぎるが無難で上品な味。酒粕やみそに漬けて焼いてもうまい。
    イネゴチの天ぷら揚げる◆小振りのものは天ぷらや唐揚げにして美味しい。沖縄風に味つけした衣で揚げてもいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)
  • 主食材として「イネゴチ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ