ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

イヌノシタ(Tonguefish, Tongue-sole)

学名:Cynoglossus robustus Gunther

代表的な呼び名アカシタビラメ

イヌノシタの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
40cm前後になる。イヌノシタ属は眼のない方には有孔測線がない。眼のある表には測線が2本(腹側の縁には測線がない)。全体に赤みがあり、やや吻(先端)が尖っている。ウロコがはがれやすい40cm前後になる。イヌノシタ属は眼のない方には有孔測線がない。眼のある表には測線が2本(腹側の縁には測線がない)。イヌノシタはやや吻(先端)が尖っている。ウロコがはがれやすい眼のある表には測線が2本(腹側の縁には測線がない)。イヌノシタはやや吻(先端)が尖っている。ウロコがはがれやすい

イヌノシタの形態写真

40cm前後になる。イヌノシタ属は眼のない方には有孔測線がない。眼のある表には測線が2本(腹側の縁には測線がない)。全体に赤みがあり、やや吻(先端)が尖っている。ウロコがはがれやすい

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目ウシノシタ亜目ウシノシタ科イヌノシタ属
    外国名
    Tonguefish, Tongue-sole
    学名
    Cynoglossus robustus Gunther
    漢字・由来
    漢字 犬之舌
    由来・語源 形から
    地方名・市場名
    アカシタ(アカシタビラメ)/関東の市場、福岡県柳川市、泉佐野ではアカシタ、またアカシタビラメを「アオシタ」、コウライアカウシノシタを「ばけした」。
    アカベタ/大分県中津市で。
    アカレンチョウ/山口県宇部市
    ゲンチョウ/愛媛県西条市
    ベタ(べた=海底などに密着する様)/大分県中津市
    レンチョウ(レンチョウガレイ)/山口県宇部市・周南市
    アカシタビラメ、ウシノシタ、ウシノシタカレイ、ゲンチョウ。
    生息域
    海水魚。水深20-115mの砂地、砂泥地。
    相模湾、三重県〜宮崎県延岡の太平洋沿岸、紀伊水道、瀬戸内海、有明海、東シナ海中央部大陸棚域、新潟県柏崎沖、島根県敬川沖、九州西岸。朝鮮半島南岸、済州島、山東半島、中国南シナ海沿岸、広東省、台湾。
    生態
    産卵期は初夏から盛夏。
    基本情報
    瀬戸内海などに多い魚で、単にアカシタビラメとして関東では取り扱われる。
    西日本に多く、瀬戸内海などでたくさんとれる。
    特に産地などでは人気が高く、これが消費地の流通業者にもアピールしているものと思われる。
    水産基本情報
    市場での評価 瀬戸内海周辺から入荷してくる。流通上は単にアカシタビラメとして取り扱われ、評価が高く、やや高値となっている。
    漁法 底曳き網
    産地 兵庫県、香川県、愛媛県ほか
    選び方
    鱗がはげやすいので、体色などは目安にはなりづらい。触って硬いもの。腹が柔らかいものはさける。
    味わい
    旬は春から夏(?)
    鱗は薄く剥がれやすい皮は硬く丈夫で剥がれやすい。中骨はやや硬い。身に小骨がない。
    白身で新しいと透明感がある。熱を通しても硬く締まらない。身離れがいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    ソテー(ムニエル)、煮つけ、揚げる(唐揚げ、フライ)、汁(潮汁、かけ飯、みそ汁)
    ソテー 今定番料理というとムニエルになるだろう。皮を剥き、小麦粉をまぶしてバターを使ってかりっとソテーする。是が実に美味。
    煮つけ 煮つけにして身離れがよく、この身に甘みがある。基本的にはあっさりした味で食べ飽きない。
    揚げる 面倒だが五枚に下ろしてフライに、また唐揚げにしても美味しい。
    イヌノシタの煮つけ煮つけ
    イヌノシタのムニエルムニエル
    好んで食べる地域・名物料理
    瀬戸内海周辺。
    くちぞこの唐揚げ 佐賀県鹿島市で買い求める。
    加工品・名産品
    干物
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「イヌノシタ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ