ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アヤボラ(Oregon triton-shell, Trumpet shell)

学名:Fusitriton oregonensis (Redfield,1848)

代表的な呼び名ツブ

アヤボラの形態写真

殻長10cm前後。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)ヤツシロガイ超科フジツガイ科アヤボラ亜科アヤボラ属
    外国名
    Oregon triton-shell, Trumpet shell
    学名
    Fusitriton oregonensis (Redfield,1848)
    漢字・由来
    漢字 綾法螺、文法螺。
    由来・語源 目八譜より。毛の流れが綾織のようだから。
    地方名・市場名
    ■ 海道根室では「ケツブ(毛つぶ)」。
    ■ エゴツブ、エゴバイ、カラツブ(辛つぶ)、ニガツブ(苦つぶ)、タバコツブ(煙草つぶ)。
    (注/「えご」、「えごい」、「えぐし」とは喉(のど)をいらいら刺すような味)
    ■ アイヌ語/「モコリリ」。
    生息域
    日本海。相模湾、山口県以北。アリューシャン列島をへて北アメリカ西岸。
    生態
    肉食性。
    毛が貝殻を覆う。螺肋(貝殻を立てて横に走る筋)と縦肋(貝殻を立てて縦に走る筋)が太く、両方が交わる点で瘤状(こぶじょう)になる。
    基本情報
    水産基本情報
    市場での評価/関東への入荷は非常に希。安い。
    漁法/底曳き網、カゴ漁
    産地/北海道など
    選び方
    原則的に生きているもの。軟体(足)がだらっと出ているものや、粘液が出ているものは選ばない。
    味わい
    旬は不明。
    唾液腺、わたに毒があるので食べないように。足の部分は軟らかく味がある。
    煮てもあまり硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    煮る(煮もの)、生食(刺身)
    アヤボラの刺身刺身 内臓は食べないこと。唾液腺は足を開くとクリーム色(黄色いときもある)をしている。1対(2個)あるので取り去り、泥などをよく洗い流す。滑り(ぬめり・粘液)は少ないのだが、これももみ洗いする。刺身は思ったよりも味がいい。ただし手間がかかるのが、困った点だ。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    つぶ甘露煮/佃煮。『小松食品』 北海道小樽市新光

    つぶわさびつぶわさび 国産のアヤボラの足の部分をわさびの茎、昆布などを合わせた調味液に浸したもの。アヤボラの定番的な加工品のひとつ。
    味つけつぶ これは燻製風味をつけたもの。貝の甘味そのままに燻製風味が加わって、いい味に仕上がっている。[大樹漁業協同組合 北海道広尾郡大樹町]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■アヤボラの唾液腺にテトラミンの存在が確認され、また別の毒性分のある可能性もある(衛生研究所)。
    ■唾液腺などに酸味があり渋いので「エゴツブ」などの名がある。
    ■毛を除去して真っ白にしたものをみる(カブトアヤボラである可能性もあり)。これをオードブルの飾りなどに使用。
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
  • 主食材として「アヤボラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ