ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アカボヤ

学名:Halocynthia aurantium aurantium  (Pallas,1787)

代表的な呼び名ホヤ

アカボヤの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
全長20cm前後になる。皮袋は赤く、小さな棘が密集してザラザラするが目立つ突起物、模様などはない。全長15cm前後になる。皮袋は赤く、ザラザラするが突起物、模様などはない。

アカボヤの形態写真

全長20cm前後になる。皮袋は赤く、小さな棘が密集してザラザラするが目立つ突起物、模様などはない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    脊索動物門尾索動物亜門ホヤ綱マボヤ目マボヤ亜目マボヤ科マボヤ属
    外国名
    学名
    Halocynthia aurantium aurantium  (Pallas,1787)
    漢字・由来
    漢字 赤海鞘、赤老海鼠、赤保夜
    由来・語源 赤いホヤ類の意味合い。
    地方名・市場名
    北海道でホヤ、ドロボヤ。
    生息域
    海水生。潮下帯の砂礫地。本種が「大発生してホタテガイ漁業の障害になった」『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)という記述から生息場所がわかる。
    国内では北海道のみに生息。北海道太平洋・オホーツク海沿岸。
    ベーリング海をへてアメリカ西北部。
    生態
    雌雄同体。
    産卵期は9月〜翌1月。
    入水管と出水管を持ち、入水管で水中の微少なプランクトンなどを摂取、出水管でこした海水や排泄物を出す。
    幼生期にはオタマジャクシに似た形態をしていて(オタマジャクシ幼生)、脊索がある。その後付着生活に入る。
    基本情報
    北海道から少ないながら入荷してくる。
    マボヤと比べるとまだまだ知名度は低い。
    ただし味がいいので、マボヤよりも高値で取引されることが多い。
    水産基本情報
    市場での評価 関東などにも少ないながら入荷してくる。赤味が強く、少ないのでときにマボヤよりも高値となる。
    漁法
    産地 北海道
    選び方
    原則として生きているもの。触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は夏から秋。
    食べるのは皮嚢内の筋膜体。
    しっかりした硬さで、縦に収縮する。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    煮る(ゆでほや)、生食(刺身)、焼く(焼きほや)

    ゆでアカボヤゆでほや 殻を数等分して中の黒い部分などをよく取り去る。殻付きのままゆでる。塩ゆでにすると、甘味やうま味も強くなるが、渋みや苦みも増す。真水でゆでると渋みや苦みは少しだが和らぐ。ホヤ類のこの個性的な部分を愛すなら、塩ゆでがいいと思う。
    アカボヤの刺身刺身 殻を割り、身を取り出して黒い部分をよく取り、水洗いをする。これを適宜に切ったもの。好みにもよるが、しょうゆではなく柑橘類と塩で食べるとうまいように思う。酢のものなどにも使える。
    焼きアカボヤ焼きほや 殻を4等分に割り、よく内臓などを洗い流す。これを強火で焼き上げたもの。うま味や甘味も増すが、渋みや苦みも一層強くなる。ホヤ類が好きという人にはたまらない料理だと思う。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■殻皮(皮嚢)または外套膜という丈夫な膜で包まれているので「皮嚢類」とも。
    ■脊索動物門尾索亜門で人、魚、カエルなどの脊椎動物亜門と「門(分類のもっとも上位)」を同じくする。
    ■脊索動物門頭索動物亜門にナメクジウオ。
    ■食用となるのは国内ではマボヤ、アカボヤ。韓国などではエボヤ、シロボヤ(?)。
    参考文献・協力
    『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)
  • 主食材として「アカボヤ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ